2020年8月2日 松沢を遡行して楽園へ

1.jpg

矢留山岳会の8月会山行はやっぱり沢。

岩手県の松沢を遡行してきた。

メンバーは齋藤、三浦、橋爪、松橋、武藤、

秋田山岳会のKさん、そして鶴岡。

 

2.jpg

昨日はかなり雨が降り、朝は雨がぱらついたが

沢を覗いて水量と濁りをチェックしたところ
問題なさそうだったので予定通り
9時に入渓。
堰堤を巻いて沢に降り立つと
累々と倒木が沢を埋めている。
抜けると、あちこちから湯気がたっていて
近づいてみれば温泉が沸いていた。

 

3.jpg

入渓から15分ほどでF1。

 

4.jpg

齋藤と松橋が先に登って、ロープを

出してくれたのでありがたく

トップロープで。

温泉が湧いているが、沢水は普通に

水だった。だが明らかに温泉成分があり
飲めない。

 

5.jpg

最初の滝の2段目を超えると

微妙にゴルジェっぽい。

ヘつるなり、じゃばじゃば行くなり

好き好きに進む。

 

6.jpg

小さな滝だが美しい。

釜が深そうだったので

左岸の階段をあっさり登る。

 

7.jpg

しばしゴーロ。

ゴーロの中にまさかの豆腐岩。

ほっとけないそのフォルム。

その佇まい。

 

8.jpg

さっそく何かしたくなる人。

 

9.jpg

先ほどの滝から20分か30分ほどで

目当ての「大滝」。

なかなかかっこいいぞ。

 

10.jpg

釜は松橋が浸かってみたところ

腰ぐらいまで。

右岸を登る。

 

11.jpg

はい、待ってました。

齋藤リーダーのロープ。

主にわたし鶴岡と橋爪、Kさん、

使わせてもらう。

 

12.jpg

この滝が、最初の登りはともかく

最後の抜けるところで

水量が多くって、あわわ、となる。

三浦さんからもお助けロープを

出してもらい、至極安全にシャワーを楽しむ。
 

14.jpg

大滝は3段、ありまして

その3段目の滝の中程が水量多く、

そこをトラバースしなければならず

ちょっと気合いの要るところ。

 

15.jpg

ここね。

気合。だれも落ちずに通過。

 

13.jpg

気合のシャワートラバース、

上から見たところ。

 

16.jpg

さて、シャワーを浴びたあと

用意されていたのが

鶴の湯別館か、と言いたくなるような

極上の白濁の野天ぶろ。

 

あちこちにも温泉が沸いていたが

どこもボコボコと湧き出てきてできた風呂で

熱くてはいられなかったが、

一箇所だけ、源泉掛け流し2段の湯が。

ほどよい湯加減で、動きたくないほど快適。

 

17.jpg

いい湯だったね。

しばしナメ。

 

18.jpg

この先大きな滝はなく

せいぜいこのくらいの小滝というか

段差というか。。。

 

19.jpg

超える滝がないので

ときどきボルダリングを

はじめるオッサンず。

 

20.jpg

だいぶ標高も上がってきて、

沢も真水になり温泉臭はなくなった。

爽やかな夏の渓流。

 

21.jpg

長いゴーロ登り。

もうひとつ滝があれば

申し分ないのだが。。。

 

22.jpg

ここを超えればもう斜度が緩む。

 

23.jpg

沢が穏やかな平坦となり

笹とモロビが左右から出迎える。

モロビの甘い香りが良い。

この沢は最後の詰め上がりの藪漕ぎが

ないのだ。

 

30.jpg

そして我々が飛び出たのが

ここ、栗木ケ原湿原。

冬の三ツ石山から、ぽつんと広がる平原を

見下ろして、行きたいなと思っていた場所。

 

24.jpg

とにかく広い。

 

25.jpg

ちょうどキンコウカが咲きそろう。

一面、黄色に染まっていた。

 

29.jpg

湿原にはポツポツと

池塘が点在していて、ミツガシワの

葉っぱも。

 

28.jpg

とにかく美しい。

とにかく「ハウルーッ」な湿原だ。

 

 

 

27.jpg

登山道もないので誰もこない、

雲上の秘密の花園。

湿原はフカフカで、誰かが歩くと

振動が伝わるほどに柔らかだ。

 

ヒメシャクナゲ、チングルマなども咲くようで

今は綿毛や実となってキンコウカに

ステージを譲っている。

 

下山は地形図にはない小道を1時間30分ほど。

シャワークライミングあり、

温泉あり、秘密の花園ありで

楽しい1日だった。

 

 


ばりこの秋田の山無茶修行
  

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

本ブログ書籍化!

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2020年5月31日神室山へ西ノ又コース登ってパノラマコース下り
    はしT
  • 2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから
    k-tom
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    ばりこ
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    LOVERAV
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    ちぇる
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    はしT
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    まぁ〜くん
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    ばりこ
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    k-tom
  • 2019年3月17日 クマゲラを探しに乳頭山界隈へ
    ばりこ

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM