2014年10月19日 甑山ぐるっと

 
甑山は男甑(981.2m)と女甑(979m)からなる奇岩の山。
国道13号線、今のところ無料開放中の高速道路をおがちインターで下りると
山形方面に、奇妙な形の頂が並んで見えるのですぐ分かる。
その稜線には秋田と山形の県境がある。

国道沿いから眺める甑山。男甑。
女甑の北東部には、かつて参勤交代で往来があった甑峠がある。

国道108号線を皿川、砂子を経て甑林道に入る。
林道の途中に登山口があり、駐車スペースはごらんの通り。
マイナーな山かと思っていたら、紅葉に誘われた登山客で賑わっていた。

登山口から、もう少し先までクルマが入っていけそうではあるが、
この先には駐車スペースがない。9時出発。

大深沢歩道の標柱。
ちょっと寄り道してこの歩道に入ってみた。

小川を2、3回飛び越えていくと
歩道は不明瞭となるものの、気持ちのいい林となる。

そしてナメコ発見。
出たばかりのツヤツヤ肉厚。
この歩道はあちこち作業用のピンクテープが下がっているものの
この先は何もなさそうなので引き返し、ノーマルコースを辿る。

9時44分。
途中に出合いがあって、14、5mほどの角張った滝が右手に現れる。
これを過ぎて、徒渉して向かいの尾根に取り付く。

ここから名勝沼の分岐を目指す。
どうやら最近刈り払いがあったようで、登山道はかなり歩きやすい。

足元は落ち葉の絨毯。
晩秋の柔らかい日差しが、紅葉越しに差し込んで気持ちがいい。

10時3分。分岐に出た。
本日は男と女、どちらから先に行こうか昨日から考えていたが
男甑からぐるっと県境を辿ることにした。

10時17分。県境の分岐に出る。山形方面からの登山道が合流する。

男甑に至る、込み入った等高線ゾーンに差し掛かる。
秋らしい、開放感ある明るい空が気持ちいい。

かなりの急登だが、写真ではあまり分からない。

女甑が見えて来た。

真室川方面を見れば、あちらは雲海に覆われていた。

10時57分。甑山の主稜線に出た。山形方面は雲海が見事。

痩せ尾根を男甑へ向かう。
足元から切れ落ちる急峻な岸壁のおかげで、見晴らしは最高。

途中にあった朽ちかけた大木。

11時3分。男甑山頂。二等三角点がある。

烏帽子岩が絶壁の上に。

足元からは急峻なスラブとなっており、高度感が楽しめる。
岩と紅葉のコントラストが美しく、見飽きることのない展望だ。

山形方面はまだ雲海。
向かいの稜線は神室山地。火打から小又、天狗森、神室山が見渡せる。

さて、女甑へ向かう。つかの間の稜線歩きを楽しんだらば、

登山道は急な下りとなって一気に100m以上下る。

途中から名勝沼が、紅葉の中に青く光るのが見える。

11時32分、男甑と女甑のコルに到着。

急な下りから急な登りとなる。
紅葉と青空の対比がきれいで、急登のキツさはかなり軽減される。

しかも途中の倒木に、大量のキクラゲ発見。
プリプリのところをわしわしとむしり取る。

12時3分、女甑山山頂。

北西に冠雪した鳥海山が大きい。

反対側には神室山。

ちょうど山頂も空いていたので、お昼に。
さきほどのキクラゲを茹でて、ラーメンの具に。ぷりぷりで美味。

12時45分、下山開始。女甑山から県境を辿って
甑峠へ下りてゆく。
このコースは、入山して間もなくあった看板では×印が着いている。

それもそのはずで、登山道は垂直に近く
朽ちたトラロープが張られている。
刈り払いも、他のルートはきれいに成されていたが
こちらはあまり手が入っていない。

登山道のすぐ脇は女甑のハングした岩壁。

むしろ、懸垂下降したほうがいいくらい。
トラロープはボロボロで、他に手がかりがないからといって
すがるとかなり危険。むしろ撤去したほうが安全かもしれない。

下り終えて振り返る。
どうしてもこのルートを通りたい場合は、
下りよりも登りで使うほうが安心だ。

急な下りは200m続く。
看板に×印があるだけあって、こちらはあまり手入れがなされていない。

急な下りが終わるあたりの森には太いブナが目立ち
とても気持ちのいい空間となっていた。
立ち止まれば、聞こえてくるのは木の葉が風にこすれる音ばかり。
こんな天気のいい明るい日だというのに
様々な生命の賑わいは、もはや遠ざかったことに気づく。
ひとり、明るく広い晩秋の山に取り残されて、
しょせん、人間は山では客人なのだなといった気楽な孤立感。

13時15分、甑峠。
かつては参勤交代で往来があった場所。

甑峠からやや広い平坦な道を、
右手に植林の杉林を見、反対側には見事なブナの林を見ながら
13時27分、分岐。ここは殿様街道と言うらしい。

分岐から名勝沼へ。
シダと苔が見事な森だが、
足元は倒木などであまりよろしくない。

13時37分、名勝沼。
沼の中程に、浮島があって庭園のような美しさ。

沼は紅葉の映す鏡となっていた。

沼を過ぎるとウィルソンカツラ。
小屋ほどもある大きなカツラの木の根元の部分。ほとんど枯れている。
中に入ることができる。4畳半ぐらいはありそう。

14時、駐車場到着。本日の収穫。
ナメコ、ムキタケ、シメジ、キクラゲ。

帰りに寄った温泉。
院内の町中にあるほっと館。院内駅から徒歩5分。
朝5時から夜10時まで営業。大人410円。
新しくて広い温泉。大広間で休憩も出来る。




↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年10月15日 雄勝の烏帽子山(速報)
    はしT
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    ばりこ
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    HITOIKI
  • 2017年8月14日 訳あって仙台市民になります報告
    civil_e
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    ばりこ
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    ばりこ
  • 2017年9月9日 ジャズフェス
    ばりこ
  • 2017年7月9日 神室山途中まで
    ばりこ
  • 2017年9月9日 ジャズフェス
    さとう
  • 2017年9月3日 太白山偵察
    はしT

recommend

recommend

recommend

recommend

外道クライマー
外道クライマー (JUGEMレビュー »)
宮城 公博
いつぞやの華厳の滝騒動の当事者の本ですが、面白かった!一気読み。

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM