2017年3月5日 鉄砲平

2017teppodaira.jpg

性懲りも無く大鏑山である。

本日はルートの状態確認の偵察山行で

鉄砲平から県境稜線までピストンしてきた。

2013年5月以来、4年ぶり。懐かしい。

 08時10分 鬼首道路の夫婦橋

 09時28分 ピーク864

 11時50分 県境稜線890m付近

 14時50分 夫婦橋下山

 

DSC04146.jpg

8時、鬼首道路の夫婦橋そばの

駐車スペースを出発。

雪はまだたっぷりある。

まずはあのトンネルの上のピークを越えて

県境稜線をめざす。

2013年5月に取ったルートは

トンネル向かって左側、建物の裏から

藪を登った。本日は、雪もあるので

反対側、右側の尾根を使う。

 

DSC04148.jpg

トンネル出口から雪をよじ登る。

フェンスはほとんど雪に埋もれていたので

容易に越えられた。ここでワカン装着。

尾根の取り付きまで行って登ればよかったが

せっかちにも、早々に斜面に取り付いてしまい、

緩い雪とギャップに悪戦苦闘。

無駄にスリルを味わうハメになる。

 

DSC04151.jpg

8時28分。道路を見下ろす。

取り付きからの50mかそこらが

本日の核心部かというくらい難儀した。

雪が緩くて踏み抜くわ、

崩れるわで。

 

DSC04157.jpg

斜度が緩むあたりから、雪は締まって

かなり歩きやすくなった。

 

DSC04169.jpg

ワカンもさほど沈まない。

 

DSC04168.jpg

途中、カモシカの足跡があるなーと

辿るようにして登って行くと

転んだのか、背中がかゆかったのか

ずさーっと斜面を滑ったような跡があった。

一人で何やってたのかカモシカ。

 

DSC04174.jpg

林道にぶつかる手前の気持ちのいい稜線歩き。

あの杉を超えたあたりで

林道が横切る。

 

DSC04176.jpg

9時16分。林道交差。

前回はピークを巻いてショートカットしようと

この林道をしばらく辿っていったが、

稜線に上がるとき、難儀したので

本日は、ピーク864へ上がることにした。

 

DSC04182.jpg

9時28分にP864。

なだらかで気持ちがいい。

あちらがこれから向かう方面。

 

DSC04184.jpg

斜面を下って行くと、小鏑山こと

禿が一番奥に見えた。

 

DSC04186.jpg

こちらは大鏑山。

こうして小鏑と大鏑を同じ視界で眺めると

なるほど地形図通り、直線上に並んでいる。

 

DSC04189.jpg

9時40分。前回もあったシンクロぶな。

夫婦ブナとも呼べるか。

目の前のピークは巻いて、じんわりと

稜線をめざしてルートをとる。

 

DSC04197.jpg

広いブナ林。気持ちがいい。

 

R9305869.jpg

雪はふかふか。若干ラッセル。

 

DSC04199.jpg

先ほどのピークを巻いて稜線に

上がるタイミングだが、

途中に沢地形があるので注意。

前回は沢を横切ったが

今回は一人なので用心して早々に

稜線に上がった。

 

DSC04202.jpg

10時12分。稜線に。

下り口にルート旗設置。

 

DSC04204.jpg

稜線に出るとさすがに風が冷たい。

アウターを着て衣類を調整し

この先のルートに備える。

尾根には雪庇が互い違いに張り出していた。

 

DSC04218.jpg

10時27分P954。ここから

神室連峰が一望できる。

前回は見られなかった絶景。

 

DSC04221.jpg

11時6分 鉄砲平の手前の広い稜線に到着。

前回はここから県境沿いに

軍沢岳方面へ向かった。

本日は、鉄砲平を超え、大鏑へ続く方面の

県境稜線を目指す。

 

R9305868.jpg

だだっ広いブナ林通過は

こいつの真骨頂ってとこか。

GPSもあるが、電気製品は補助的に

止めておいて、主役はこちら。

人それぞれの価値観だろうから

どれが正解なルーファイかはないと思う。

 

DSC04224.jpg

11時10分。鉄砲平のだだっ広い尾根に

渡った。写真のあちらの稜線は

以前歩いたルート。

沢地形の通過にうろうろしていたところ

地形図を風に飛ばしてしまい

まさかの地形図よ待て猛ダッシュin鉄砲平。

いやー走った走った。

挙句、小沢に地形図が落っこちて

迷ったが小さい沢地形だしと

こわごわ降りて地形図をキャッチ。

おかげで、沢地形をむりやり

突破することになった。

 

DSC04227.jpg

11時18分 鉄砲平。細いブナは二次林なのか。

それにしても広い。以前、ここで一泊する予定

だったが、こうも広いと落ち着かないや。

 

DSC04260.jpg

そして、目当ての県境稜線に出るために

またしても沢。

踏み抜かないかとヒヤヒヤしつつ

よさげな地形を探して対岸へ。

それにしても沢を渡るっていうのは

なんだかひとつ違う世界に

行くようで、ちょっと怖い。

今日は一人だしで、渡るかどうか

迷った。

 

DSC04245.jpg

しばらく軍沢岳から伸びる稜線の

山腹を巻いて、県境に出る。

 

DSC04247.jpg

11時51分。行く手にピークが見える。

あれはたぶんピーク950。

今日のリミットは12時としていたので

本日はここまで。

風も強くなってきた。ブナ林を

渡る風の音に、気持ちが落ち着かない。

 

DSC04254.jpg

県境からは神室山本峰がギリ見えた。

 

DSC04259.jpg

ふたたび、沢を渡って、あちらの世界へ戻る。

 

DSC04261.jpg

たった1時間足らずでトレースは

きれいに消えている。

思ったより、鉄砲平は風が通る。

帰り道までルーファイやっている気分的

余裕はないので私はルート旗を打つ。

往路は目的が山の中にあるから

前に進むのみで不安は小さいが、

なぜか、下山に気持ちを切り替えたとたん

不安が押し寄せるのだ。

とっとと安心できる場所まで下りたい一心。

往路の段階で、確実に帰るための

やるべき対策は取ってあるのだが

どうも落ち着かない。これも

一人歩きならでは。

 

DSC04263.jpg

それにしても鉄砲平!

トレースが全然残ってないとは。

地形図ダッシュして走ったトレースもない。

 

DSC04265.jpg

ひとまず、だだっ広い地形を抜け、

県境の稜線まで戻ってきたので

小休止して、ランチ。

いつものクリームチーズとブルーベリー

そしてシナモンのサンド。

 

DSC04275.jpg

ピーク954付近に来ると

今朝よりも、連峰がくっきりと。

 

DSC04278.jpg

鏑山こと、神室山。今年もドヤってる。

この角度からの眺めはなかなかない。

それにしてもかっこいい。ここから

小鏑、大鏑、鏑と

鏑三山が一列に並ぶ姿を見ることができた。

鏑フェチ(←世界中でたぶん自分だけな)には

嬉しすぎる光景だ。

 

DSC04281.jpg

今朝のルート旗グッジョブ。

ほっとする。

 

DSC04284.jpg

片倉森のユニークな形。

ここまでくれば、鬼首道路も見えてくる。

 

DSC04290.jpg

ひとまずトンネルの上で遅いランチと

コーヒーブレイク。旨すぎる。

 

DSC04294.jpg

朝よりもさらに緩んだ雪を下ってなんとか

下山してきた。

 

DSC04295.jpg

14時52分。トンネル脇で

ワカンを外す。

帰りは先週に引き続き、院内異人館そばの

ほっと館で温泉につかって緊張をほぐす。

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
見事なルートファインディングです。よろしければ神室姫と命名します。
  • はしT
  • 2017/03/10 12:38 PM
はしTさん、どっちかといえば
神室ストーカーめいている今シーズンで
4週連続です。
  • ばりこ
  • 2017/03/19 5:33 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    ばりこ
  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    びんちゃん
  • 2017年4月22~23日 5年越しの大鏑山へ雪山ルート(序)
    はしT
  • 2017年4月15日 姫神山へ城内登山口から
    さとう
  • 2017年4月2日 金峰山へ世界選手権優勝の御礼参り
    ばりこ
  • 2017年4月2日 金峰山へ世界選手権優勝の御礼参り
    はしT
  • 2017年3月22日 山にミラーレスカメラを連れて行く
    ばりこ
  • 2017年3月19日 今年も神室山のドヤ顔スポット
    ばりこ
  • 2017年3月22日 山にミラーレスカメラを連れて行く
    はしT
  • 2017年3月19日 今年も神室山のドヤ顔スポット
    はしT

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

外道クライマー
外道クライマー (JUGEMレビュー »)
宮城 公博
いつぞやの華厳の滝騒動の当事者の本ですが、面白かった!一気読み。

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM