2017年3月11日 吹雪の中のテント設営とはどんだけ悲しいか試してみた

DSC04298.jpg

さあ週末だ!

今日は「行くぜ!大鏑山!」の日であり、

雪山で初ぼっちテント泊の日なのだ。

入山者も稀なこの山域で

1人過ごす夜はどんな気分だろうかと

若干ナーバスになる一方で

この一週間というもの、着々と

準備を整えていく自分もいて、

ああきっと自分は、不安よりも何よりも

行きたいのだなと悟り気持ちも定まった。

その一方の不安な自分もいて緊張のあまり

食欲不振になり、ややスタミナ不足のまま

この日を迎えてしまった。

だがしかし、私は行きたいのだ。

ファイトだ自分。今こそLet's Go Crazyだ。

と意気込んで出発したものの

結局撤退と相成った。

その顛末と、ついでに吹雪のなかの

テント設営についての記録である。

 

DSC04300.jpg

この一週間、県南は降雪が続き

雪は先週よりも積もっている。

取りつきの、トンネル横。

 

DSC04302.jpg

先週、緩い腐れ雪に難儀した取りつきだが

今日は、重い雪でワカンが効いて

登りやすい。

 

DSC04305.jpg

だがこの天気よ。

先週の快晴はどこへやら。

そして重い雪のラッセルが

じわじわと体力を消費していく。

 

DSC04307.jpg

9時46分、林道とクロス。

出発時間は先週と同じだが、この時点で

30分、遅い到着だ。

この一週間の降雪で、とろけるような造形の

雪庇ができている。

 

DSC04312.jpg

ピーク864を踏んで、おなじみの

シンクロブナ到着。

10時42分。先週より1時間遅い行程と

ますます悪くなる天気に気分が凹む。

この先の尾根まで上がろうかと考えたが

ところにより膝までのラッセルに

すっかり気力体力がやられてしまった。

開けた山腹で、ルート旗を打つのも

面倒な自分に気がついて

こりゃだめだわと撤退を決めた。

 

DSC04313.jpg

途中、ピーク864に差し掛かり

ただ下山してもヒマだわなと、立ち止まる。

テント設営練習でもするかと思い立つ。

テント泊は何度かあるのだが、

雪が降る中での設営は経験がない。

それに、今回のために急遽ポチったこの

スコップを試運転しなくては。

このスコップ、ピッケルに装着して使う。

重量にして365g。缶ビールくらい。

↓これな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇エキスパートオブジャパン・NEWレッドバット
価格:4665円(税込、送料別) (2017/3/12時点)

 

 

 

DSC04315.jpg

まずは整地。

ざっと足で踏み固めて、スコップで雪を盛って

平らにしていく。

 

DSC04317.jpg

で、本体。

私のはアライテントのエアライズ。

2人まで入れるが、基本はソロ用。

吹雪や風が強い今日みたいな日は、まずこの

中にザックをごろんと入れて

ジッパーを閉める。これで、飛ばされない。

 

DSC04318.jpg

ポールを射し込んで出来上がり。

このとき、ポールに不具合が見つかった。

致命的なものではないが、

今日、気づいて良かった。

 

DSC04320.jpg

フライシートを被せる。

エアライズはフライと本体をワンタッチで

止められるので、こんな風のある日は

慌てずに済む。↓エアライズ1これな。

 

DSC04319.jpg

そして、雪山用のにわかペグ。

3シーズン用のアルミペグだと、抜けてしまうので

本当は、竹ベグがあるようだが

間に合わなかったので、割り箸を十の字に

麻ひもで縛って工作した。

麻ひもは園芸売り場などで売っている。

これを雪の中に埋めて、上から雪を

踏み固めればOK。かなり効く。

 

ペグを打たないと、テントが飛ばされるわ

フライと本体がくっついて

結露しやすいわなので

地味に重要な作業だ。

以前、無精して雑にペグを打ち

フライと本体がはり付いて迎えた朝の

ウエッティな居心地の悪さは忘れられない。

 

DSC04321.jpg

うかうかしていると、すぐに中に雪が入る。

 

DSC04322.jpg

靴やスパッツの雪を落とす。

百均でブラシを買うのを忘れたので

未開封のたわしを持って来た。

 

DSC04324.jpg

設営に30分から40分ほどかかった。

せっかくなので、寛ぐ。

今日の晩ご飯の予定だった鶏鍋。

比内地鶏スープで作る。

テントの中での火の取り扱いは、トリセツでは

禁止している。

テントは燃えやすいのと

一酸化炭素中毒の危険回避のためである。

なのでベンチレーター開けて、いろいろ

対策しての煮炊きである。

 

DSC04325.jpg

シメはインスタントラーメン。

旨味の出た鍋のスープに投入。

 

DSC04326.jpg

これが絶品すぎて。

 

DSC04328.jpg

相変わらず、テントを風と雪が叩いているが

中はすこぶる快適である。

マイナー山域のボッチテント泊にやや

ナーバスにもなっていたが、

これなら何だかイケそうである。

 

DSC04332.jpg

さて、撤収。

明日の天気図を見れば朝には晴れそうであるが

今日の時点では予想外に

この山域の雪雲が取れていない。

予報では午後には回復の見込みだったが

この通りである。

 

DSC04336.jpg

林道クロスポイントに戻る。

雪庇が妖怪の類いのような造形である。

 

DSC04339.jpg

15時すぎ、入山地点に帰ってきた。

帰りの道すがら、神室連峰を振り返ったが

依然として雪雲に巻かれていた。

翌日日曜日も、

この方面には厚い雲があったので

今回は、撤退で良かったかなと思う。

私が見たいのは、

小鏑、大鏑、鏑の三山の点が

線になっているところである。

晴れてなければ、登頂は意味がないのだ。

今回は、テント泊の予行練習ということで

それなりに収穫である。

 

 

 

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
大鏑山とか軍沢岳とかばりこさんはこの山域詳しいですなぁ。昨日は湯沢市役所で「第1回神室山サミット」に参加して来ました。私もここら辺興味があります。今度連れてってけろ。
  • びんちゃん
  • 2017/03/19 4:05 PM
びんちゃん殿、神室山サミット気になる〜。連れてってけろだわ。
  • ばりこ
  • 2017/03/19 5:37 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    鈴木
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    はしT
  • 2017年7月9日 神室山途中まで
    はしT
  • 2017年6月18日 秋田駒ケ岳ぶらっと
    はしT
  • 2017年6月18日 秋田駒ケ岳ぶらっと
    やまじじい
  • 2017年5月21日 鳥海山で板納め?
    ばりこ
  • 2017年5月21日 鳥海山で板納め?
    びんちゃん
  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    ばりこ
  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    びんちゃん
  • 2017年4月22~23日 5年越しの大鏑山へ雪山ルート(序)
    はしT

recommend

recommend

recommend

外道クライマー
外道クライマー (JUGEMレビュー »)
宮城 公博
いつぞやの華厳の滝騒動の当事者の本ですが、面白かった!一気読み。

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM