2017年3月19日 今年も神室山のドヤ顔スポット

DSC04341.jpg

ここ4週間ほど連続で

毎週神室と軍沢付近に通っている。

そして今週もはい!軍沢。

神室山のドヤ顔スポット山行である。

神室界隈しか目下、頭にないのだ。

自分、もはや神室山のストーカーだ。

 

本日のメニューは、軍沢岳の北のピーク1154に

突き上げる稜線を行けるところまで、

という若干ぐだぐだな計画。

いいのだ、前日11時まで飲んでたし。

 

DSC04346.jpg

8時10分ごろ、いつもの鬼首道路脇駐車場。

昨夜にかけて積雪があったうえ、

気温は1度。雪が締まっている様子もなく

ワカンを履いて、駐車場からすぐの

尾根に取りつく。

8時23分、登りスタート。

 

DSC04347.jpg

8時47分、最初の急登ざっくりと100mを

登ってクロベの歓迎を受ける。

 

DSC04354.jpg

ピーク1035まで、3回ほど急登の

洗礼を受ける。

 

DSC04357.jpg

カメラの水平を取ってその斜度を撮影。

 

DSC04368.jpg

それにしても、3月中旬だというのに

前日の積雪で、まるで1月のような

雪景色である。

 

DSC04367.jpg

ワカンもひざ下ラッセル。

ところにより膝上。しかも重雪だ。

ほんと今日はラッセル隊長同行で良かった。

 

DSC04373.jpg

10時55分、ピーク1035の雪庇到着。

真冬のような積雪ラッセルのおかげで

予定よりかなりタイムオーバーだ。

 

DSC04375.jpg

まあ、今日は12時をタイムリミットに

行けるところまで歩ければいいやと

すでに攻めるスタンスは失せている。

 

DSC04383.jpg

こんな迫力の雪庇にややテンション上がり気味。

地形を見て、北へ回ればどこかで上がれるだろうと

雪庇を迂回する。

 

DSC04385.jpg

這い上がってみると、

神室のドヤ顔スポットの幕はまだ

上がっていない。

 

DSC04405.jpg

11時。12時ぐらいまで歩くかと、

軍沢岳と神室山の分岐ピーク方面へ

ラッセル再開する。

風はあるが、冷たい風ではない。

ときおり、樹氷が風に飛ばされてきて

当たるとかなり痛い。

 

DSC04392.jpg

手前、軍沢岳ピークへ至る稜線。

 

DSC04422.jpg

11時40分頃、今日のルートはここまでとし、

さっきから雲が上がりそうな神室山の絶景待ちを

するべく、T隊長がツェルトを張っての

ランチタイムを提案。

お腹も空いたし、神室山のドヤっぷりも

見たいのでそうすることにした。

温かい風ではあるが、ずっとさらされていると

それなりに体温が奪われる。

ツェルトの薄い布一枚で風が遮断されると

驚く程に中は快適だ。

つくづく、ツェルトひとつで命が助かることが

実感できる。

いっそこのまま昼寝したいほどに快適だ。

 

DSC04435.jpg

しかし!まったりとランチを終えて外に出てみると

神室山がここぞとばかりに青空の下で

ドヤっているではないか。

昨年よりも雪はみっちりと多く、

まるで白フクロウのようである。

つくづく見ほれる。

 

まあ私の画像、正しくはいつものこの

覆面山ガールスタイルですがね。

 

DSC04428.jpg

神室山に見とれながらの下山である。

遠くに高松岳・山伏岳コンビ。

 

DSC04431.jpg

虎毛山の最高地点、小屋もくっきりと。

奥の白い稜線は栗駒山と秣岳。

 

DSC04441.jpg

最後に神室山のドヤっぷりを振り返ると

なんと、鳥海山が!

 

DSC04447.jpg

12時55分、ピーク1035を下りる。

 

DSC04445.jpg

1035を下りてしまうと

我が愛しの神室山は視界から消える。

最後に雪庇ごしに見納め。

 

この景色が、雪庇を越えてすぐにあるのだ。

往路で、急登のあとの雪庇を越えて

思いがけずに見られるこの絶景、

これがなかなかドラマチックな一瞬なのだ。

物好きな方にはぜひともおすすめするコースだ。

 

DSC04453.jpg

途中のブナ林でコーヒータイム。

これだけブナがあるのだが、意外にも

熊の木登り跡があまり見られない。

熊が少ないんだろうか。

 

DSC04456.jpg

13時52分、鬼首道路をめがけて

最後の難関。緩んだ雪を踏み抜きながら

滑りながら、闇雲に下りるしかない急斜面。

 

DSC04459.jpg

14時5分、車に到着。

下界の気温は8度!

雪が溶けちゃう〜〜。

 

DSC04461.jpg

帰りの道すがらに現れた使徒。

 

DSC04462.jpg

どうやら鳥海山が召喚した使途のようで

続々流れてきている。

使途は数十分ほどで殲滅。シンジ君グッジョブ!

 

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
軍沢岳には10年以上前に登ったきりです。展望がよい山ですが、残雪期しか登れない。これがまた魅力ですね。今年は山の雪は多いのかもしれませんね。
  • はしT
  • 2017/03/21 12:51 PM
はしTさん おはようございます。
昨年が少なかったぶん、今年は雪が持ちそうです。
ただ、なかなか締まりませんね。
  • ばりこ
  • 2017/03/23 8:14 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年12月11日 やっぱお茶だな!
    はしT
  • 2017年11月18日 丸森で初クラッククライミング
    ばりこ
  • 2017年11月18日 丸森で初クラッククライミング
    はしT
  • 2017年10月15日 雄勝町の一等三角点、烏帽子山
    ばりこ
  • 2017年10月15日 雄勝町の一等三角点、烏帽子山
    びんちゃん
  • 2017年10月28日 山形神室岳
    はしT
  • 2017年10月15日 雄勝の烏帽子山(速報)
    はしT
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    ばりこ
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    HITOIKI
  • 2017年8月14日 訳あって仙台市民になります報告
    civil_e

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM