2017年7月9日 神室山途中まで

DSC05978.jpg

ずっと神室山については禁断症状が

起こり始めていたので

久々の晴天を逃すものかと

休日出勤で片付けるつもりだった仕事を

何とか金曜日に終わらせて

役内の登山口にやってきた。

 

神室山へは秋田からは

西ノ又コースとパノラマコースがあり

どちらも登山口が同じだ。

つまり、ぐるっと周回コースが取れる。

本日は沢沿いの西ノ又コースを登り

パノラマコースで鳥海山など

眺めながら、この晴天をがっつりと

楽しもうと意欲だけは満々だった。

 

DSC05981.jpg

8時40分、パノラマコースの登り口に

車をとめ、しばらく林道を歩く。

こんな晴天なのでさぞかし

人が多いだろうと覚悟していたが

私が到着した時点で、県外の車が一台。

単独の登山者が出発したところだった。

 

西ノ又登山口まで、昔は林道が

繋がっていたが、今現在のところ

登山口手前数十mで崖崩れとなり

その手前に駐車スペースがある。

しかしそこまで入るとなると、

道の状態も悪いので、車高の高い車限定だ。

 

したがって、わたしはてくてくと

沢沿いを15分ほど林道歩き。

 

DSC05982.jpg

西ノ又コースは、胸突き八丁までは

ほぼ西ノ又川沿いとなり、また

沢の渡渉がいくつかある。

 

DSC05986.jpg

8時3分、第一渡渉点。

吊橋を渡る。

 

DSC05987.jpg

楽しい。

 

DSC05988.jpg

イチヤクソウ、発見。

 

DSC05993.jpg

巨大な倒木にはプレートがあり

この先、沢沿いの道が不明瞭なので

回り道を使うようにとのこと。

今日見たところでは、

沢沿いのその不明瞭なほうは、

帰りに使ってみたところ、

沢の増水もなく、渡ることができた。

ただ、不明瞭は不明瞭だったので

面倒になりちょこっと薮こぎして

ショートカット。

 

DSC05997.jpg

登山道はちょうど

刈り払いが終わったばかりで

とてもきれいに整備されていた。

 

DSC05998.jpg

8時17分、第二徒渉点の吊橋。

ここを渡るとしばらく、

ブナの巨木の森を歩く。

 

DSC06001.jpg

沢の音からしばし離れ、

エゾハルゼミや小鳥のさえずりに

気持ちが和らぐ。

そしてここの森が、雰囲気があってとても

好きだ。

 

DSC06002.jpg

どういうことになっているか

分からないが、裾を引いた貴婦人か

何かのような木。

 

DSC06006.jpg

セミの抜け殻。

 

DSC06009.jpg

登りが急になったタイミングで

お馴染みの一句。

今日はとにかく暑くて、汗が

止めどなく流れる。

由喜さんの句をしみじみと

声に出して読みあげながらひとり、

汗を拭うと、何だか楽しくなってくる。

 

DSC06014.jpg

徒渉点。枝沢を2、3本ほど越える。

 

DSC06016.jpg

第三徒渉点到着。

9時14分。

 

DSC06017.jpg

第三渡渉点から三十三尋の滝が見える。

ここはかつての修験の水垢離の場所。

 

DSC06018.jpg

第三渡渉点は吊橋はなく、沢を岩伝いに

越えていく。沢の岩に、

ペンキで印が付けられているので、

コースについては見失うことはない。

 

DSC06020.jpg

9時23分、不動明王の祠。

ここに「水場はこの先ありません」と

書かれているので慌てて、その脇にある、

小川で水を汲むのだが、

 

DSC06025.jpg

少し行ったところに立派な

水場があるので、そこで汲むべきだ。

水は冷たくておいしい。

 

DSC06026.jpg

そしてここからが、胸突き八丁坂。

御田の神まで400mほどの標高差を

詰め上がる。

もちろん名前の通り急で、

むしろ私は、さっさと標高が上がるので

嫌ではない。嫌ではないのだが、

今日は実は体調が悪いようだ。

撤退するかー。

 

低血圧は朝はだいたいだるいので

構わず出発するのだが、今日は

2時間近く歩いてもなお、だるい。

座って休むことのない私が

ここまで何度も座って休み、

いっそ横になりたいと考えるほど、

体調がよろしくない。

そしてやたら喉が乾き、この時点で

持って来たスポドリをほぼ飲み尽くして

しまうほどで、明らかにいつもと違う。

 

御田の神まで上がりたかったが

そこまで行けるだろうが、

下山でこの難路を歩ける自信がなかった。

もうのんびり下山しよう。

のんびりついでに

不動明王の祠のゴミを拾って

お水を取り替えて手を合わせる。

 

DSC06045.jpg

のんびり帰る。

またブナの森に来れるのが

うれしくもある。

 

DSC06049.jpg

今年のブナの実。

 

DSC06052.jpg

途中、男女2人の登山者と

すれ違っただけで、本日の神室は

かなり静か。山頂へ行けないのは

くやしいが、下山の途中もとにかく

横になりたくてならない。

夏の暑さに体が着いていってないのか。

そういえば、ずっとエアコンの効いた社内に

いるばかりで、夏なのかどうかも

はっきりしない毎日だ。

 

DSC06057.jpg

タマガワホトトギスが仕込み中。

 

 

 

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
無理しない、無理しない。
  • はしT
  • 2017/07/11 2:40 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    鈴木
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    はしT
  • 2017年7月9日 神室山途中まで
    はしT
  • 2017年6月18日 秋田駒ケ岳ぶらっと
    はしT
  • 2017年6月18日 秋田駒ケ岳ぶらっと
    やまじじい
  • 2017年5月21日 鳥海山で板納め?
    ばりこ
  • 2017年5月21日 鳥海山で板納め?
    びんちゃん
  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    ばりこ
  • 2017年4月22日〜23日 大鏑山へ単独テント泊で(後編)
    びんちゃん
  • 2017年4月22~23日 5年越しの大鏑山へ雪山ルート(序)
    はしT

recommend

recommend

recommend

外道クライマー
外道クライマー (JUGEMレビュー »)
宮城 公博
いつぞやの華厳の滝騒動の当事者の本ですが、面白かった!一気読み。

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM