2018年1月6日 積雪期の泉ヶ岳

P1062263.jpg

仙台暮らしでいやでも目につく

泉ヶ岳。標高1171.9メートル。

仙台市郊外にあり、スキー場やキャンプ場もある。

仙台市民の身近なアウトドアスポットだ。

土曜日に登ってきた。

 

IMG_3868.jpg

コースは水神コースを登り、

滑降コースを下る。

 

ちなみに、最近ダウンロードした

アプリ、スーパー地形図で今回ルートの

標高と距離のグラフ表示がこれ。

 

LRG_DSC07188.jpg

9時10分ごろ

スキー場付近にある大きな駐車場に着。

すでにクルマが多く、

入山者多数。ずいぶん人気山域のようだ。

駐車場からワカン、アイゼンを履く人が多く

そんなコースなのかと若干、動揺しつつ

しかし、さすがにここからワカンを

履くこともないだろうと、ザックに括り付けて

出発。

 

LRG_DSC07189.jpg

トイレ。

洋式水洗トイレでとてもきれい。

 

LRG_DSC07190.jpg

トイレ脇にコース概要。

そしてトイレ横に、コースが書かれた

マップもあるので一枚もらう。

 

LRG_DSC07191.jpg

9時27分、キャンプ場内の道路を

登山口へ向かう。

 

LRG_DSC07193.jpg

ふと見れば看板に

火気禁止の文字の横にカッコ書きで

「バーベキュー、いも煮禁止」とのこと。

いも煮禁止と書くあたりいかにも

仙台だ。

 

LRG_DSC07194.jpg

途中、滑降コースの分岐を通り過ぎる。

ごらんの通り、雪山とはいえ

トレースが夏道並みにある。

 

LRG_DSC07196.jpg

9時38分、登山口。

ここから水神コースを。

一番ポピュラーなコースのようだ。

 

LRG_DSC07197.jpg

カラマツの林の中を、

夏道なみに立派なトレースを

辿って歩き始める。

しばらく沢沿いをなだらかに歩く。

 

LRG_DSC07207.jpg

カラマツに日が差し込む。

この冬の晴天は

太平洋側ならでは。

 

LRG_DSC07209.jpg

10時10分、水神平。

 

LRG_DSC07213.jpg

10時20分。水神手前で小休止。

ここで北泉ヶ岳方面への

縦走ルートと分岐する。

時間に余裕があれば、ここから北泉ヶ岳を

登って、三叉路からそのまま泉ヶ岳へ縦走も

できる。

 

LRG_DSC07215.jpg

大きな水神の石碑。

 

LRG_DSC07218.jpg

コースは水神から急登となる。

岩が目立つようになり、気温も下がり

風も出てくる。

その地形のせいか、積雪量も減り、

アイゼンやワカンの人たちは

歩きにくそうだ。

 

LRG_DSC07219.jpg

大岩。そこらじゅう、大きな岩がある。

 

LRG_DSC07223.jpg

大岩を過ぎれば傾斜もやや緩んで

仙台市方面の展望が開ける。

遠くには太平洋が光る。

 

LRG_DSC07225.jpg

11時8分、さいの河原。

 

LRG_DSC07230.jpg

木も低くなり、見晴らしが良い。

だが、奥羽山脈を越えて

日本海側の雪雲が押し寄せてきて

視界はみるみる覆われる、

 

LRG_DSC07232.jpg

さいの河原の急登を登り切れば

山頂はすぐだ。

 

LRG_DSC07234.jpg

11時22分、山頂。

ツボ足で約2時間だ。

夏道のコースタイムと変わらないのは

踏み固められた立派なトレースの

おかげである。

 

ツボ足でも普通に歩ける雪道は

ちょうど、岩手の鞍掛山の冬登山に

似ている。あちらも雪が降ると、

実に立派な道ができるのだ。

 

LRG_DSC07235.jpg

山頂からあちらは

北泉ヶ岳。標高1253メートル。

 

LRG_DSC07237.jpg

三角点。

だが、最高点はこの少し先の

藪のなかにある1175メートルである。

一応、雪を漕いでその付近まで行っておく。

 

IMG_3786.jpg

ちょうど昼近い。

ひとまず、山ラーメンでお昼に。

本日はチキンラーメン。

 

LRG_DSC07242.jpg

12時16分、すっかりくつろいでしまった。

下山は滑降コースへ。

 

LRG_DSC07244.jpg

見晴らしがいいが、雪雲が流れ込み

太平洋は見えなくなってしまった。

 

LRG_DSC07250.jpg

山中は、サラサドウダンが多い。

秋田にはほとんどない植物だ。

 

LRG_DSC07252.jpg

こちらの滑降コース、この大壁付近は急登だが

とても下山しやすかった。

やや重いが乾いた雪を

フッカフカと踏んで下りていく。

 

LRG_DSC07254.jpg

12時35分、見返平の看板に

振り返ってみると、泉ヶ岳の

展望が広がる。

 

LRG_DSC07255.jpg

行く手は709メートルの

三角山か。

こちらのコースは名前の通り

山スキーのトレースも見かける。

 

LRG_DSC07256.jpg

お別れ峠。

ここで水神コース方面へも合流できるし

このまま下山もできる。

 

LRG_DSC07257.jpg

水神コース合流はやめて

まっすぐ下山。

こちらのほうが、歩く人も少ないのか

山スキーのトレースのおかげか

雪がふかふかとして歩きやすかった。

 

LRG_DSC07258.jpg

13時8分、キャンプ場に戻ってきた。

 

LRG_DSC07259.jpg

入り口にある一斗缶。

打ち鳴らすもののようだが、

何につかうのだろう。

 

さて、下山後は温泉と行きたいのだが

仙台周辺はさくっと入れる温泉が

秋田に比べると極端に乏しい。

泉ヶ岳から直近に立派なスパがあるが

登山の汗を流す程度で入るには料金が高い。

 

麓まで下りて地元住民向けの

明日の湯という小さな温泉があった。

大人500円。だが、

秋田の感覚でいえば300円ぐらいで

入れるような共同浴場、といったところ。

泉質はとてもよかったが、洗い場も少なく狭い。

 

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年12月13日 欲しい本ゲット!!神室連峰の本〜!
    さとう
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    ばりこ
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    まぁ〜くん
  • 2018年12月8日 登山ガイドステージ脅けてみた:山のファーストエイドキット
    まぁ〜くん
  • 2018年12月10日 今シーズンも雪崩講習会あります!
    まぁ〜くん
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    ばりこ
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    shin
  • 2018年12月2日 初冬の馬場目岳できりたんぽ会登山
    はしT
  • 2018年11月30日 お年玉は札束で!
    まぁ〜くん
  • 2018年11月20日 登山ガイドステージ胸餝兵萋栖躓^貳院!
    ばりこ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM