2018年3月17日 姥井戸山の霧氷が美しすぎて!

ubaidoyama.jpg

もう10年ぐらい気になっていた山がある。

平鹿町の自宅から南西方向に見えるのだが

さて、なんという山なのか。

さして真剣に山座同定しなかったせいで

長らく素性が分からないでいたが

去年になってそれが

姥井戸山という926.9mの山だと知る。

出羽山地の山で、山頂には

三角点と、羽後町、湯沢市、由利本荘市の

境界がある。

 

IMG_5063.gif

もちろん登山道などないので、残雪期を狙い

ルート検討を重ね、取り付き偵察を重ね

この土曜日、登ってきた。

ルートは標高610mから750mまで急登となる。

今回はワカンでもキックステップが効いたが

アイゼンとピッケルがあったほうが安心。

ピッケルは必携。

ーーーーコースタイムーーーーーーー

 9:00 林道入り口除雪終了点より入山

11:22 主稜線

11:42 山頂

11:50〜12:30 大休止

14:00 下山完了

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

DSC08085.jpg

仙台を5時すぎに出発。

国道108号線を松の木トンネルを

抜けたところから

9時、身支度を済ませて出発だ。

 

見上げるあの主稜線まで上がれば

あとはゆるやかに山頂に到達する、

最短ルート。

稜線上の木々は霧氷となっている様子。

 

DSC08088.jpg

国道わきの林道の除雪終了点は

まあこの時期なら除雪もないだろうし

なんの作業もない様子だったので駐車。

 

DSC08090.jpg

取り付きから尾根にあがると、

こんなギリギリ感ある痩せ尾根がある。

両脇切れ落ちているので

雪が緩んでいる気温のときなど通過には

注意が必要。

 

DSC08092.jpg

ひときわ鮮やかな緑は

ガの類の蛹。

 

DSC08093.jpg

このルートは、610m付近まではなだらか。

しばらく植林の林を歩く。

 

DSC08096.jpg

530m付近の平坦な場所にあった、古い

ピンクテープ。

登山道はなくとも、だいたい考えるルート取りは同じ。

 

DSC08100.jpg

600mをすぎての第一急登。

 

DSC08103.jpg

インスタ映え狙えそうな

仲良し枯葉。

 

DSC08108.jpg

そろそろ本格的な急登が始まる。

このあたりで植林も終了。

杉林は、ブナとカラマツ、カバノキ類に

主役をゆずる。

 

DSC08111.jpg

急登が始まるあたりから

見上げる木々には

霧氷が張り付き始める。

 

DSC08120.jpg

このルート一番の急登。本日の雪質は、

ワカンでキックステップがギリギリ。

雪の状態次第では、アイゼンがないと厳しそう。

 

DSC08121.jpg

急登ポイントにはカラマツが多かった。

 

DSC08124.jpg

鬼のような急登も100メートルほどの

標高差。じきに斜度は緩んできて

ブナもちらほらと混じる。

 

DSC08128.jpg

ふと見上げると、青空に

繊細な霧氷がレースのようだ。

 

DSC08131.jpg

ときおり樹齢そうとうあるだろうブナが

出てくる。

このブナはウラは空洞だった。

 

DSC08133.jpg

かなりの巨木だっただろうブナが

倒れていた空間。ここで急登はほぼ終了。

 

DSC08135.jpg

わりと人が入ってきた山なのだろう。

署名入りのブナがあった。

かつては金が採れるとの期待された

山だったようだ。

 

DSC08151.jpg

ときおり現れるブナの巨木は

気候のせいか個性的な枝ぶりだ。

 

DSC08152.jpg

こちらのブナも、

いったい何があったのかと

事情が気になるような不思議な枝ぶり。

 

DSC08153.jpg

さてさて、写真では伝わりきらないのが

残念だが、急登が終了すると

尾根はユルやかになり

ブナの森となるのだが

本日は、そこに霧氷がはりついていて

入るのがためらわれるほどに

美しい景観が待っていた。

 

DSC08157.jpg

今まで見た森でもベスト3にはゆうに入るほど

美しかった。

こればっかりは現地で見ないと

伝わらないのがもどかしい。

 

DSC08168.jpg

もちろん、美しすぎて進まない。。。

 

DSC08171.jpg

見上げれば青空に

霧氷の純白のレース織り。

 

DSC08177.jpg

11時22分、主稜線。

 

DSC08191.jpg

いやもう、この青空と真っ白な

雪原と霧氷。美しすぎ。

 

DSC08193.jpg

あいにく鳥海山は雲の中だったが

この稜線、鳥海山の絶好のビュースポット。

 

DSC08197.jpg

ここは天国かと感動しながら

山頂へゆっくりと、なるべく

ゆっくりと進む。

 

DSC08201.jpg

 

DSC08204.jpg

あちらは丁岳とそのアップダウンの

鬼コースの山並み。

 

DSC08205.jpg

こちらは姥井戸山の山頂へ続く

純白のプロムナード。

 

DSC08207.jpg

山頂。特に標識もない。

 

DSC08211.jpg

山頂から横手方面を展望。

 

DSC08212.jpg

振り返ると秋に登った烏帽子山。

こうしてここから

眺めるとかっこいい山容だ。

 

DSC08217.jpg

時間も余裕あるのと

手頃な木と平地があったので

稜線上でツェルトランチ。

山頂では気温はマイナスだったが

ツェルト一枚で暖かく快適。

 

DSC08219.jpg

さて、下山。

青空もだいぶ減って、山の彩度も

失われてきた。

いいタイミングであの絶景を見られた。

 

DSC08223.jpg

鬼の急登は下山ではワカンは

脱いで慎重に。

 

DSC08225.jpg

今朝渡った痩せ尾根も

慎重に。

 

DSC08228.jpg

なんと、マンサクが咲いていた。

春である。

 

 

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
カラマツは林班の境界として良く植えられるとのこと@講習会の講義にて
  • 佐藤
  • 2018/03/18 11:04 PM
佐藤さん、おはようございます。
カラマツ、秋田にはあんまりないですもんね。
秋には黄色がきれいだろうなあ。

  • ばりこ
  • 2018/03/21 7:56 AM
こんにちは、初めまして。姥井戸山の霧氷が本当に綺麗ですね。私が昨年登った時は天気が良くて鳥海山を眺めながら登れましたが霧氷は有りませんでした。また主稜線に出ると烏帽子山が左手側に見え、大仙山の右側にピラミダルな山の甑山が見える展望の尾根歩きは格別ですね。霧氷の時また行きたくなりました。
本の出版おめでとうございます。早速購入します
  • 遊ジロー
  • 2018/03/30 5:27 PM
遊ジロー様
はじめまして!姥井戸山の展望の良さは穴場ですね!
ずっと平鹿からあのかっこいい低山はなんだろうと
気になっていた山です。霧氷はタイミング次第ですが
狙う価値ありますね。
本のご購入ありがとうございます!
  • ばりこ
  • 2018/03/31 8:10 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年7月30日 捕獲天国。これでいいのか秋田県!
    ばりこ
  • 2018年7月30日 捕獲天国。これでいいのか秋田県!
    デンキ
  • 2018年7月 1日 登山ガイドステージ脅けてみた報告6
    さとう
  • 2018年5月19日 ばりこ本出版記念祝賀会、感謝!
    ばりこ
  • 2018年5月19日 ばりこ本出版記念祝賀会、感謝!
    GEN-san
  • 2012年5月20日 ころげそうな狐狼化山
    あかりん
  • 2018年4月17日 ばりこの本が新聞で紹介されたよ!
    ばりこ
  • 2018年4月17日 ばりこの本が新聞で紹介されたよ!
    びんちゃん
  • 2018年4月10日 ばりこ本出版記念パーティー!
    ばりこ
  • 2018年4月10日 ばりこ本出版記念パーティー!
    びんちゃん

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM