2018年3月24日 神室山の残雪期下山ルート下見に三角石山の尾根

20180324sankakuishiyama.gif

====コースタイム======

8:25 除雪終了点スタート

8:48   神室山登山口鳥居通過

9:03   取り付き尾根

9:27   450mの尾根に乗る

10:09 三角石山の主稜線

11:39 P722

14:30 下山完了

================

三角石山は神室山のパノラマコースの東に

平行して神室山に至る稜線の

途中にある標高1105.6mの山。

三角点がある。

 

残雪期の神室山山行の下山ルートに

使えないかと考えていて、

昨年2月に途中まで登った山だ。

今日は天気も良さげなので

あわよくば山頂どころか、神室山まで

行けちゃうんじゃないかとの

楽観的な気分で向かう。

が、すでに尾根は藪が出ていたので

心が折れ、今年も途中撤退である。

 

DSC08233.jpg

神室山までの車道は除雪がないので

除雪終了点にクルマを停める。

前回は地元の人が除雪作業で外に出ていたので、

挨拶できたが今日は3、4軒ほど訪ねたが誰も

出て来ず、仕方ないのでそのまま駐車。

先行者のクルマが一台、ある。

先行者のトレースは一人分。神室山へ向かっていた。

 

DSC08236.jpg

わたしはさらに奥へ西ノ又沢を渡って行く。

前回2月は橋を渡ってすぐの尾根から

取り付いたのだが、背の低い杉の木が

かなり混んでいて歩きにくかった。

 

DSC08238.jpg

今回は300mほど先にある尾根から。

こちらは、植林の木も高く育ちすっきりと

歩きやすそうだ。

50m登って緩斜面となり、また50mほどで

緩斜面の痩せ尾根となる。

 

DSC08243.jpg

450m付近の尾根に出た。

さすがに尾根に上がるとやや風があり冷える。

雪はだいぶ消えているので

ワカンを脱いだ。

 

DSC08244.jpg

日当たりのいい斜面にはマンサク。

 

DSC08246.jpg

足元にはイワウチワの蕾。

来週中には咲くのかもしれない。

 

DSC08255.jpg

痩せ尾根は植林と雑木林を二分して

ゆるく伸びる。

雪はまあまあ締まっている。

営林署が入るようで、ピンクテープが

結構、つけられている。

登山者のものらしいテープもある。

 

DSC08256.jpg

立派なカバノキが出てきてやや勾配が増し、

60mほどキックステップで登る。

 

DSC08270.jpg

登り切れば三角石山の主稜線だ。

伸びやかなブナ林が広がる。

 

DSC08269.jpg

この先はわりと緩やか。

 

DSC08286.jpg

数十メートルほどの急斜面をキックステップ。

ここはピッケルがあるほうが安心安全。

 

DSC08293.jpg

登り切れば尾根上の雪は消えていて

藪が出ていた。尾根の東側には雪庇。

 

DSC08298.jpg

昨年2月もここまで来た。

 

DSC08302.jpg

ここからはお向かいのパノラマコース稜線が

展望できる。あいにく

神室山方面は雲のなか。

 

DSC08304.jpg

こちらはパノラマコースの取り付きの様子。

一気に標高を上げるので

あちらのコースはたっぷり雪がありそう。

 

DSC08308.jpg

あわよくば、手前の三角石山ピークを踏み、

その先のあの稜線を歩くことを考えていたのだが

まったく行ける気がしない。。。

 

DSC08311.jpg

これだもの。

せっかくなので前回よりルートを伸ばして

P722まで行ってみる。

尾根上なので藪はさほど濃くもない。

 

DSC08313.jpg

この稜線上にはブナの大木がちらほらあるが

奇形のブナもかなりある。

いろいろ苦労が絶えない環境なのだろう。

 

DSC08326.jpg

尾根が広くなると雪が残る。

 

DSC08333.jpg

722手前の緩斜面の尾根。

やっぱり雪の上が歩きやすい。

 

DSC08341.jpg

ブナのなかに杉の木が混じる。

ブナの根元にはユズリハか。

 

DSC08345.jpg

クマの爪痕。

クマの昨年の食事跡もちらほら。

そろそろ冬眠から目覚める季節。

ひょっとして気の早いクマのトレースが

あるかなとも思ったが、

本日見かけたトレースは、カモシカだけだった。

 

DSC08353.jpg

P722手前に広い気持ちのいい雪原が

ひらけていた。

 

DSC08354.jpg

雲があるがあちらに神室山が見える。

そして今日のゴールP722はこのもう少し先。

 

DSC08361.jpg

P722付近にあったヤドリギに人気すぎて

気の毒なブナの木。

 

DSC08364.jpg

P722。

地形図を広げてもっと先へ行こうか思案したが

ここから標高差はざっと400M。

この調子では14時近くになりそうなので

見送ることにした。

 

DSC08367.jpg

さきほどの気持ちのいい雪原で

のんびりランチにする。

ブナの木々は芽吹き前のサヤが赤く

色づいている。

 

DSC08373.jpg

マンサクはここはまだ蕾だったが

よく探すと、ほころびかけている。

 

DSC08377.jpg

あちらは高松・山伏岳。

高松小屋がぽつんと見えた。

 

DSC08385.jpg

カップラーができるまでのあいだ、

雲が取れて、神室山が見えて来た。

・・・神室山だよな?

のんびりとカップラーメンを食べて

風もなく日当たりもいいので雪原に大の字に

寝っ転がる。

キツツキのドラミングがBGMだ。

誰もいない山中の早春はのどかだ。

 

DSC08399.jpg

下山。雪庇跡の雪道を使えるところは使い、

ああいう地形は不安なので藪へ逃げる。

安全かどうかわからない雪庇跡は

藪へ逃げる。

 

DSC08403.jpg

藪が終わってP548のブナ林まできて

コーヒータイム。見上げた先の梢に

マンサクが咲いていた。

 

下山ルートを昨年2月の尾根に取ろうかと

地形図を広げたが、

林の中でのこの複雑な地形では

ルーファイが厳しそうなので、

今朝のルートをおとなしく辿って下山。

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年4月17日 ばりこの本が新聞で紹介されたよ!
    ばりこ
  • 2018年4月17日 ばりこの本が新聞で紹介されたよ!
    びんちゃん
  • 2018年4月10日 ばりこ本出版記念パーティー!
    ばりこ
  • 2018年4月10日 ばりこ本出版記念パーティー!
    びんちゃん
  • 2018年3月31日 規格外山ガール!ばりこの「秋田の山」無茶修行!発売!!
    ばりこ
  • 2018年3月31日 規格外山ガール!ばりこの「秋田の山」無茶修行!発売!!
    はしT
  • 2018年3月17日 姥井戸山の霧氷が美しすぎて!
    ばりこ
  • 2018年3月17日 姥井戸山の霧氷が美しすぎて!
    遊ジロー
  • 2018年3月17日 姥井戸山の霧氷が美しすぎて!
    ばりこ
  • 2015年8月14日 山ガールの車選び:インプにシートカバー
    ばりこ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM