2018年7月14日 和賀〜真昼岳のマイナー縦走路踏破

2週間前の風鞍〜川口県境分岐縦走に

引き続き、和賀岳〜真昼岳のマイナー縦走路の

残りのひと区間を歩いてきた。

 

今回の行程で、

北は羽後朝日から、南は女神山までの

稜線、全踏破となる。

この大縦走路、地形図には記載はないものの

時折、藪に飲まれながらも

稜線上に登山道がつけられてある。

 

この区間で最もマイナーなのが

甲から峰越林道の稜線で、

数年おきに刈り払いはあるのだが

なにしろ歩く人が少ないこともあって

随所での藪こぎは必須となる。

残雪期などは特にルートがわかりにくい。

 

ちなみに全ルート細切れ記録ーーーーーー

羽後朝日岳へ部名垂沢

沢尻岳〜羽後朝日

高下岳口からモッコ

甘露水から和賀岳

高下口から和賀岳〜高下岳

薬師岳から甲山

沢尻岳から高下岳

中ノ沢岳から風鞍

風鞍から川口県境分岐

峰越から音動岳〜、真昼岳分岐

真昼岳分岐から真昼岳

兎平から真昼岳

善知鳥から女神山

六郷から女神山

女神山周回コース

 

IMG_6510.jpg

クルマは一台を川口渓谷にデポ。

もう一台で峰越林道へ。

天気はあいにくのガスだが

暑いよりはいいかと、8時出発。

 

ORG_DSC09811.jpg

真昼岳への登山道を背に、

鹿の子山の方面へ。

標柱は立派だが、この先

本日歩いた限りでは登山道は

草が被っている。

 

ORG_DSC09816.jpg

最初はザレ地を。

 

ORG_DSC09820.jpg

コケの類。

 

ORG_DSC09826.jpg

ザレ地を過ぎると足元には

ツルアリドオシが見頃だった。

花弁の縁がほんのりピンク。

 

ORG_DSC09827.jpg

登山道は徐々に藪に。

見失うほどではないが

足元は全く見えない。

 

ORG_DSC09828.jpg

見晴らしの良さげな稜線に出るも

このガスでは・・・。

数年前に偵察でこの辺まで来た時は

延々と和賀岳方面へと

アップダウンの稜線が続いていて

戦意を削ぐのだった。

 

ORG_DSC09831.jpg

登山道をヨツバヒヨドリが占拠する。

この藪道で足元が見えないまま急な

下りを200mほど下るのだ。

下りとはいえ時間がかかった。

 

ORG_DSC09832.jpg

標高が下りようやく樹林帯に入ると

草の勢いも減退し

だいぶ歩きやすくなる。

 

ORG_DSC09833.jpg

8時24分、

切り通しのような地形に出る。

どうやら断層が横切っているらしい。

 

IMG_6512.jpg

ひたすら下る。

登山道はごらんの通り。

 

ORG_DSC09837.jpg

ところどころ

ルートが不明瞭になる。

 

ORG_DSC09842.jpg

クガイソウ。

 

ORG_DSC09843.jpg

ハリオオアザミ。

見頃だった。

 

ORG_DSC09846.jpg

こちらミヤマカラマツ。

托葉がないのがポイント。

 

ORG_DSC09849.jpg

タマガワホトトギスも見頃だ。

 

ORG_DSC09854.jpg

こちらは後で調べる。

黄色い花。キリンソウでした。

 

登山道わきにぽっかりと空間があったので

のぞいたら、どうやらクマの

食事跡。

 

こちらはクマが剥いだ木の皮。

その跡に大きなカタツムリ。

 

ORG_DSC09866.jpg

10時13分、水無沢分岐。

ここから川口渓谷の道路へエスケープできる。

見た所、刈り払いもされている様子。

今日はここはスルーして

この先、鹿の子山分岐を経由して

川口県境分岐まで行く。

 

ORG_DSC09873.jpg

水無沢分岐までの半野生状態の道とは

打って変わって、この先は刈り払いが

最近なされたばかりらしい。

 

ORG_DSC09874.jpg

途中で稜線を巻いて山腹へ伸びる道と

稜線をたどる道に分かれる。

試しに稜線の道へ。

木の枝なども切られたばかりで

どうやら新しいコースらしく

道はあまり歩かれていないせいか

やや歩きにくい。

 

ORG_DSC09877.jpg

11時20分、鹿の子分岐。

鹿の子山へ行こうか迷ったが

刈り払いもない藪ルート。

昼も近いので秋にでもまた来ることにして

本日はパスしておく。

 

ORG_DSC09880.jpg

稜線コースからやや下ると、巻道と合流。

鹿の子山分岐の標識も転がっていた。

 

ORG_DSC09883.jpg

この先、川口県境分岐へ。

ピークをさらに2つ越えて

2週間前に歩いたコースに合流する。

この先は再び藪がかぶり気味に。

峰越直後ほどではないが。

 

ORG_DSC09887.jpg

途中の笹薮一帯で

笹の花が咲いていた。

来年あたりはこの一帯の笹が

枯れるのか。

 

ORG_DSC09892.jpg

ガスが徐々に晴れて来て

時折空が明るくなる。

真昼山地らしいブナ林が現れる。

 

ORG_DSC09895.jpg

林床には久々に

サンコタケと遭遇。

悪臭と聞いていたが嗅いだことが

なかったので、さっそく顔を近づけて

激しく後悔した。。。

20センチの距離で耐え難い悪臭だった。

 

ORG_DSC09896.jpg

円陣を組んで伸びているブナ。

 

ORG_DSC09904.jpg

12時10分ごろ、

めざす川口県境分岐到着。

 

ORG_DSC09907.jpg

2週間前の到達点。

そしてこれで、羽後朝日岳から女神山までの

和賀・真昼の稜線が繋がった!

ちなみにかつてはここから沢内へ

抜ける道があったようだが

今は藪に埋もれて廃道だった。

 

ORG_DSC09903.jpg

ウスユキソウ。ミネウスユキソウと

どっちなのかわからないが。

 

ORG_DSC09912.jpg

モウセンゴケの花の蕾。

あと数日で咲くだろう。

 

ORG_DSC09916.jpg

昼休憩後、

2週間前と同様に川口渓谷方面へ

鉱山跡を下りる。

 

ORG_DSC09918.jpg

粘土質の泥がついて

足が重い。これがなかなか取れない。

 

ORG_DSC09920.jpg

川口県境分岐からのエスケープコースは

結構な荒れっぷりでなかなか歩きにくい。

 

ORG_DSC09923.jpg

ブナ林に入るとようやく

道の荒れも収まる。

 

ORG_DSC09929.jpg

2週間前と同じ大岩を通過すると、

この2週間のあいだに

ブナの老木が倒れていた。

 

ORG_DSC09938.jpg

見上げると、その

ブナの老木が占拠していた空が

ぽっかりとあいていた。

この空を目指して、ブナの世代交代の

生存競争が始まるのだ。

 

ORG_DSC09944.jpg

かつてはあの老木も、こんな見事な

マザーツリーだったのだろう。

 

ORG_DSC09947.jpg

13時26分、登山口に出る。

前回は新しくつけられたらしいコースに

入っていったのだが

途中で整備が終わっていて藪漕ぎとなった。

今回はそちらには行かず、この登山口を目指したので

あっけなく林道に出ることができた。

 

ORG_DSC09950.jpg

さて、ここから1時間30分の林道歩き。

見上げるとガスも晴れて、

さっき歩いていた稜線のアップダウンが

目の前に広がる。

 

ORG_DSC09954.jpg

かっこいい岩山はつくしもり山。

稜線上から見下ろしたかったが

ガスで叶わなかった。

 

ORG_DSC09958.jpg

15分ほど歩くと水無沢口。

稜線で通り過ぎたエスケープルート。

見た所、おそらく整備がなされている。

 

ORG_DSC09962.jpg

13時52分、2週間前に藪漕ぎして到着した場所。

たしかに最短距離ではあるが

整備途中でああもピンクテープがつけられていると

普通、人は迷い込むだろう。

 

ORG_DSC09991.jpg

15時すぎ、デポした車に到着。

本日遭遇したクマだのトリだのの

動植物レポはまた後日に。

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年10月13日 きのこの会と黒湯温泉と。
    茶トラにゃんこミーと仙台の空
  • 2018年9月21日 ラジオ第二弾と近況
    ばりこ
  • 2018年9月21日 ラジオ第二弾と近況
    tom
  • 2018年3月24日 神室山の残雪期下山ルート下見に三角石山の尾根
    ばりこ
  • 2018年3月24日 神室山の残雪期下山ルート下見に三角石山の尾根
    sato
  • 2018年7月30日 捕獲天国。これでいいのか秋田県!
    ばりこ
  • 2018年7月30日 捕獲天国。これでいいのか秋田県!
    デンキ
  • 2018年7月 1日 登山ガイドステージ脅けてみた報告6
    さとう
  • 2018年5月19日 ばりこ本出版記念祝賀会、感謝!
    ばりこ
  • 2018年5月19日 ばりこ本出版記念祝賀会、感謝!
    GEN-san

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM