2018年8月18日〜19日 影鳥海を観に祓川から鳥海山へ一泊山行:後編

鳥海山1日目はコチラ

夜は山小屋の晩御飯支度をお手伝い。

はじめて山小屋の厨房潜入

ベーキングパウダーの存在が気になりながら

宿泊者の晩御飯の盛り付け。

食事は3ローテーションで

我々はお客さんの食事が全部終了後、

同じものをいただいた。

ごはんがとにかく美味しくて!

山でこんなに食べたのも初めて。

 

IMG_7083.JPG

夜はカメラマンの佐藤氏が

星の写真を撮りに出て行き、

我々は月夜なのに余裕で見える天の川を眺め

就寝に。隣のグループが

遅くまで宴会だったのだが

あっという間に寝落ちした。

 

DSC01831.jpg

夜明け前、新山へ登頂。

先々週は鳥海山は8合目まで、

先週は七高山まで

そして今週は最高峰まで登頂。

ここでご来光を待つ。

結構、寒い。

 

DSC01871.jpg

昨日、日本海に沈んだ太陽が

今日は遠く奥羽の山並みから現れた。

 

DSC01874.jpg

今日一番の光が差す。

写真のまんま、岩が赤く染まり、

眺めている登山者も赤く染まっていく。

 

DSC01884.jpg

太陽が昇りきったところで

日本海を振り返る。

見事な影鳥海が映し出された。

 

DSC01897.jpg

朝の光が満ちて来て山頂小屋にも

朝が訪れる。

 

IMG_7087.JPG

朝ごはんはめいめい勝手にという

自由プラン。

星の写真を撮りに行った佐藤氏はまだ戻らない。

夜明けの写真も撮っているのだろう。

わたしは日本海を眺めながら

アルファー米と、コーヒーを。

 

夜中に鉾立から登りはじめて

今、到着したという男性単独行の人と

山の話なんぞしながらののんびりブレックファースト。

山にいると初対面でも会話が楽しめるのが

山歩きの面白いところだ。

 

IMG_7093.JPG

宿泊者がほぼ出発したところで

ふたたび、山小屋仕事。

毛布の整理だ。

結構な数だったが、

朝の目覚めの運動にちょうどいい。

 

8時30分ごろ、記念写真なんぞ撮り解散。

カメラマンの佐藤氏はもう一泊し

写真を撮るとのことで

ほとんど手つかずの飲料を

1リットル分、引き取ってもらう。

それでもまだスポドリ2リットル近くある。

飲料消費の激しい夏山も

もう終わりだ。

 

DSC01927.jpg

朝の重い体で外輪山へ上がる。

やや風があるので

下山も舎利坂を降りることにした。

写真は東鳥海カルデラ外輪を成す、

稲倉岳。

 

DSC01932.jpg

下山もよく滑る舎利坂を慎重に下り、

石畳に降り立つ。

 

DSC01937.jpg

花は終盤とはいえ

チョウカイアザミとミヤマアキノキリンソウの

補色関係の色彩が華やかだ。

 

マルバシモツケの見事な株。

シモツケの花言葉は「無駄」「無益」だが

マルバシモツケは「爽やかな朝」。

 

ミヤマアキノキリンソウと

ヤマハハコのコラボ。

 

DSC01977.jpg

七ツ釜避難小屋から急登を降りると

こんな地層があった。

木星っぽいなと写真に収め、

判定はT中氏に任せよう。

 

あとから聞くに、鳥海山で白い火山灰は

ないそうで、もしかすれば

大陸の火山の噴火のものか、

十和田カルデラ、あるいは九州の姶良カルデラの

可能性も考えられるかもとの

思いがけないスケールの答えが返って来た。

 

御田までくると

こんな地層。

泥炭っぽい黒い部分の上に

10センチ近い厚さで白い層。

いくらなんでも厚すぎるし

これはよくわからない。

 

ハクサンボウフウと

シラネニンジンが花盛り。

この調子では来週の登山ガイド講習会の

自然解説ではこの花について

触れずにはいられないだろうな。

 

DSC01986.jpg

竜ケ原湿原まで降りてくると

手前のマルバマンサクの紅葉が

始まろうとしていた。

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年12月13日 欲しい本ゲット!!神室連峰の本〜!
    さとう
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    ばりこ
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    まぁ〜くん
  • 2018年12月8日 登山ガイドステージ脅けてみた:山のファーストエイドキット
    まぁ〜くん
  • 2018年12月10日 今シーズンも雪崩講習会あります!
    まぁ〜くん
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    ばりこ
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    shin
  • 2018年12月2日 初冬の馬場目岳できりたんぽ会登山
    はしT
  • 2018年11月30日 お年玉は札束で!
    まぁ〜くん
  • 2018年11月20日 登山ガイドステージ胸餝兵萋栖躓^貳院!
    ばりこ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM