2018年11月4日 八塩山で鳥海山を愛でる

鳥海山がかっこよく雪化粧で

決めてきたので、鳥海山の展望のいい山へ

登ろうと、丁岳へ登ることにした。

 

山岳会のメーリングリストへ登山届けを

出したところ、

ミキティからメールが入り

丁岳は今、橋が崩壊していて通行止めとのこと。

 

丁岳の登山口からすぐにある橋だろうか?

メールによるとキノコ採りたちが

渡渉して入山しているようだが

対岸の岩を上るのが危険っぽいとのこと。

む〜ん、ますます登りたくなってきたから

困ったもんだ、われ。

 

IMG_7950.JPG

ということで、8ミリザイル携えてやってきた。

が、登山口のさらに手前で通行止に。

登山道の橋だけでなく

林道の途中の橋も工事とのこと。

さすがに、8ミリザイルじゃ

インプレッサどうにもならねえ。。。

 

DSC02501.jpg

ということで、鳥海山を愛でるために

八塩山にやってきた。

由利本荘市の標高712mの山で

麓にはボツメキ湧水群があって

驚くほどに柔らかい水が湧いている。

 

IMG_7972.jpg

どこから登ってもよかったが

たまたまたどり着いた登山口が前平コース。

看板には所要時間1時間10分とある。

 

DSC02500.jpg

駐車場には他に誰もいない。

新緑の頃は大変な賑わいだったので

てっきりいつも登山者がいる山だと思っていた。

10時40分出発。

 

DSC02507.jpg

しばらくは杉林を歩き、

やがてカラマツも混じるようになる。

 

DSC02508.jpg

キノコがあるかなと袋を用意していたが

杉林相手じゃあ、スギヒラタケくらいしかない。

静かな林をもくもくと。

 

DSC02512.jpg

杉林を抜けると、登山道は急に明るくなる。

紅葉の色彩のせいなのか

光が入るせいなのか。

 

DSC02514.jpg

10分ほど上ると見晴らし台。

ベンチもあって視界も開け、

ここまででもいいんじゃないかと

お腹の空き始めた登山者は考える。

 

DSC02518.jpg

展望。

 

DSC02520.jpg

ベンチ脇には

ツルアリドオシの二つの角の実。

 

DSC02521.jpg

見晴らし台からしばらく平坦。

 

DSC02522.jpg

ほどなくして八塩神社。

様子からしてもう御神体はいらっしゃらないだろう。

 

DSC02528.jpg

杉林が完全になくなると、

落ち葉の敷き詰められた登山道。

杉がなくなると、もうスギヒラタケすら

見当たらない。

 

DSC02533.jpg

紅葉は終盤だが、光が入って鮮やかに輝く。

 

DSC02540.jpg

頭上も華やかだが

この季節は足元も輝くのだ。

 

DSC02554.jpg

山頂が近づくにつれ

勾配が徐々に増してくる。

太いロープが張られている。

 

DSC02561.jpg

紅葉に励まされながら登る。

 

DSC02565.jpg

11時27分「ぶなの森」。

このコースで最も美しい場所だ。

 

DSC02577.jpg

だれかが穿った跡。

 

DSC02580.jpg

山頂まであとわずか。

素直に伸びたブナが美しい。

 

DSC02582.jpg

足元にはブナの葉っぱがぎっしり。

 

DSC02585.jpg

11時41分。八塩神社到着。

急な登りもここまで。

 

DSC02588.jpg

低山とはいえ、北東側が

結構急な山腹なので、眺めがよい。

雄長子内岳と同じ現象だ。

 

DSC02591.jpg

古いガイドブックにはおなじみだった、

窓になっていたブナも

ついにこんな姿になっていた。

 

DSC02593.jpg

神社から先は

どこぞの公園かと目を疑うような

真っ平らな遊歩道に。

 

DSC02596.jpg

三角点はその「遊歩道」を逸れたところに。

 

].jpg

あづま屋が見えてきた。

どうやら誰もいないようだ。

 

DSC02603.jpg

鳥海山の展望地は、このあづま屋の西側にある小道を

辿ってすぐである。

誰もいないので腰を据えて眺める。

 

DSC02602.jpg

今日の山ラー。

まだ夏気分である。

 

DSC02605.jpg

スイーツにはお汁粉。

 

DSC02610.jpg

のんびりランチを済ませたら、

あづま屋から下界を見下ろす。

上の雲ふたつの影が、下界にできていた。

 

DSC02618.jpg

足元は結構危ない。

 

DSC02622.jpg

さて、下山は往路を。

落ち葉で滑りやすいのでこの急斜面は手強い。

濡れていたらもっと大変だろうな。

 

DSC02619.jpg

ところで、下山口にあった看板。

安全速度40分。

 

DSC02634.jpg

もう夕方のような日差しに急かされるように

下山するが、まだ時刻は13時。

晩秋の午後の影は長い。

 

ゆっくり下山して13時30分ごろ車に到着。

のんびりと紅葉と鳥海山を堪能できて

満足の週末である。

 

 

 

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
今日鳥海山行ってきたで〜!祓川から康新道ルート、最高でしたヽ(^◇^*)/
  • びんちゃん
  • 2018/11/04 5:55 PM
いいなあ!!!
スタットレス、まだ履いてなくって見送ったわ〜。
今日は誰か登ってるんだろうなあと思いながら
眺めてました。
  • ばりこ
  • 2018/11/04 5:59 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年11月11日 三ツ石山へ恒例のマキ上げ
    はしT
  • 2018年11月5日 落ち葉同定にチャレンジ
    さとう
  • 2018年11月5日 落ち葉同定にチャレンジ
    ばりこ
  • 2018年9月2日 登山ガイドステージ脅けてみた報告9 ロープワーク練習ときのこ達
    ばりこ
  • 2018年11月8日 ワカンの履き方
    ばりこ
  • 2018年11月8日 ワカンの履き方
    石井スポーツ登山学校 天野
  • 2018年9月2日 登山ガイドステージ脅けてみた報告9 ロープワーク練習ときのこ達
    ガイド修行中34
  • 2018年11月5日 落ち葉同定にチャレンジ
    さとう
  • 2018年11月5日 落ち葉同定にチャレンジ
    さとう
  • 2018年11月5日 落ち葉同定にチャレンジ
    さとう

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM