2018年11月14日 パワハラ祭りとメンタルエンザ

来年は甥っ子が大学受験を控えているので

さすがにインフルエンザの予防接種を

うん10年ぶりに受けてきた。

 

学校を卒業してこのかた

何が嬉しいかって

注射が怖いからとの理由で

インフルエンザの予防接種を

辞退できることに尽きるだろう(小っさ!)。

選択の自由の素晴らしさを謳歌してきた。

 

だがさすがに甥っ子受験の

この冬だけはインフルにかかろうものなら

40度の高熱だろうがなんだろうが

吹雪のなかにボン出されるだろう。

 

ま、これで私も甥っ子も安泰だ。

良い選択をしたと思う。

 

IMG_8050.jpg

だが今わたしのココロが風邪気味だ。

せっかちで面倒くさがりやの性格の結果として

特に仕事の場ではナイフのような発言も

オブラートになど過剰包装しやしない。

わたしって

地球にはやさしいが人にはキツい嫌なヤツ。

 

ついにはパワハラの悪徳上司に祭り上げられた。

じつは私、2つの課を掛け持ちしていながら

そんなパワハラの訴えに

「じゃあもういい!!!!」って

半ばキレて部下ゼロ状態だ。

部下などいらんわ!!!!ってね。

 

9月は休日ゼロで残業毎日で

頑張ったが、10月、

休日出勤は代休を取るようにと会社から

言われ、いやそれ物理的に無理っしょ?と

プチキレし、そこへ

追い討ちをかけるかのように

ほとんど仕事で接点のない、

他の研究部門の部長からまで

パワハラの訴えが会社になされて

なんだかもうそれで

何かが折れてしまった。

 

だって部長、あなたわたしより役職、

上っしょ?

むしろ私の主催する会議で、いっつも

嫌がらせしてたのあなたでしょ?

つかあなたそもそもわたしのかつての

部下にセクハラして

それを私の耳に入ったから

逆恨みしてんじゃん?

 

き、汚ったねー。そして小っせー!

ほんっと小せえ男だなと、

いつもならば怒り心頭だが

心身疲れたところにそれだったから

意に反して心がやられてしまった。

会社側はさすがにその部長の訴えは

相手にしなかったものの

わたしのダメージはじぶんでも驚くほど

大きかったようで。

 

インフルエンザは予防できるが

さすがにメンタルエンザは、、、、。

なんだかもう、世の中の全ての人に

嫌われていてみんなわたしに

愛想笑いしてるようにしか思えず。

しょせん日本、男社会かよ。

 

いやそうじゃない。

心にそういう病的なフィルターが

かかっているだけなんだと

理屈じゃわかっていても

病んだ心はそのフィルターを

まるで自分を守る鎧か盾かのように

ぎっちり掴んで離してくれない。

 

数パーセント残っている、

病理に侵されていない心にどうか

持ちこたえてくれよと

手当たり次第にアマゾンでポチる書籍の数々。

カウンセリングにも行ってきた。

だがこの1.5ヶ月、

地獄のようだ心の居場所がない。

 

昨今、NLPだとかマインドフルネスとか

ビジネスパーソンを鼓舞し

前を向き続けさせるノウハウが多々あるが

結局これ、 般若心経入門が根底にある。

本は、読めばさっさと

古本屋へ売ってしまうのだが

この本だけはずっと手元に置いてある。

特に信仰心があるわけでもないが。

 

この本は2011年に喪失感を埋めるために、

やっぱり今みたいに

手当たり次第に本をポチしてたときの一冊。

(震災とは関係ないです・・・)

人生長いと、何を読もうが何をしようが

解決してくれるのは「時間」だと分かっている。

 

書籍は救っちゃくれないし

カウンセリングも解決しちゃくれない。

その時が来るまでの

苦痛を和らげるためのものなのだ。

自分を再び立ち上がらせるのは

他人じゃなく、自分の体と心なのだ。

これって、弱った心には

信じられないくらいしんどい真実。

 

しんどいけれども、

ここで商業的なノウハウの類に

自分の心を全面的に寄っかからせるのは

時間と金を無駄にするだけ。

あくまでいっときの足がかりだ。

自分を立ち上がらせるのは

自分しかいない。そのことから、

目をそらせて自分を

他人の力に放棄しちゃいけないのだ。

 

ああしかし心の居場所がない。

病んだ心を休める居場所が少しでも

どこかにないものかと、

結局、駄文でもいいから文字を編み出すことが

わたしの心にとっては居心地のいい

居場所のようだ。

 

なので、お恥ずかしながら

とりとめのない文章をここに記して

心を休ませ、明日へ向かおうと考える。

 

あ、そして末筆ながら

こんなパワハラで部下もいないような

ぐだぐだなわたしに協力してくれる、

管理部、営業部、製造部の皆様、

仏頂面で恐縮ですが心に染みてます!

ベリーサンクス!

 

いや、愚痴るとさあ

妥協したくないのよ、表現の類には。

見えないのだろうか、あの

コンマ数ミリの差が作る不協和音。

数パーセントの色の具合が作る不和。

いっそ、数十パーセント単位で

外してくれたほうがまだいい。

 

ああいう乱暴な配色、

粗雑なラインがわたしには

途方もなく暴力でしかない。

それは、わたしの大好きな表現の世界への

冒涜にすら思えて知らずわたしは

怒ってしまう。

 

こころがざわついてイライラしてしまう。

表現することへの愛情も敬意もない。

そんな輩が私には表現への冒涜であり

それこそパワハラでしかない。

先日もひとつそんな「気持ちの悪い」

デザインに心を殺して

妥協した。2度と目にしたくない

胸糞悪い配色。レイアウト。

醜悪すぎて心が病む。

だが彼女らにそれを指摘すれば

パワハラなのだそうだ仕方ねえや。

 

そもそもわたしの仙台転勤だって、

元はと言えば上層部からの

慢性的なパワハラが原因だったのだが。

パワハラという言葉ひとつで

世の中が良くも悪くも変わっていく。

 

 

ばりこの秋田の山無茶修行   

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
色々と辛い状況ですね。
こういう時こそ積み上げた経験を信じて、一つ一つ前に進むしかないです。それと、他人の心や行動は変えようがないので、自分がコントロールできることだけに集中したほうがいいです。

ダンテの言葉です。
「なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。」
  • やまびと
  • 2018/11/23 9:20 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年12月13日 欲しい本ゲット!!神室連峰の本〜!
    さとう
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    ばりこ
  • 2018年12月11日 あまりマニアじゃない人向けのコンパスの選び方と使い方サクッと
    まぁ〜くん
  • 2018年12月8日 登山ガイドステージ脅けてみた:山のファーストエイドキット
    まぁ〜くん
  • 2018年12月10日 今シーズンも雪崩講習会あります!
    まぁ〜くん
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    ばりこ
  • 2018年2月1日 ビーコン選びと買ってから
    shin
  • 2018年12月2日 初冬の馬場目岳できりたんぽ会登山
    はしT
  • 2018年11月30日 お年玉は札束で!
    まぁ〜くん
  • 2018年11月20日 登山ガイドステージ胸餝兵萋栖躓^貳院!
    ばりこ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM