2019年12月22日 雪のない太平山前岳へ

ひさびさにジュゲムブログにアップ。

 

maedake-log.jpg

積雪期の山歩きはアプローチの問題もあって

雪国ではどうしたって登れる山域が限定される。
その貴重な雪山ルートで人気なのが
秋田市内ならばここ、太平山の前岳。
とはいえわたし、
まだ一度しか登ったことがないので
この日曜日に登ってみた。
ーーーーコースタイム休憩込みーーーーー
09:25 金山滝ルート駐車場(手前のほう)
09:28 登山口
10:05 291.7の三角点
10:58 分岐
11:12 女人堂
11:24 前岳山頂
11:42 分岐からオーパス方面へ下山
12:22 オーパスリフト終点
12:52 オーパス駐車場
※オーパスから金山滝登山口まで約2キロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

DSC08275.jpg

今日はガイド企画で真人山スノートレッキング

だったのだが、あいにく肝心の雪がなく中止に。

とはいえ天気もいいし、ということで

太平山の前岳へ。

 

金山滝ルートは初めて。

駐車場はこの奥の、登山口にもあるのだが

すでに満車のよう。

 

この第二駐車場ですら満車に近い。

この季節にこんなに入山者がいるのかと

さすがは秋田市近郊の山だなとかなり驚く。

県南なんてほとんどの山はこの季節、

貸切だ。

 

DSC08276.jpg

人気ぶりにじゃっかん及び腰ながらも

遅いスタートなので、人はすでにいない。

普段通り静かな山歩きではある。

登山口までの道すがら、

まっすぐで立派な杉があって「親杉」。

昨日は平鹿金峰山ふもとで

「爺杉・婆杉」をみてきたばかりだ。

 

DSC08278.jpg

さて登山口。苔むした風情ある橋に

ときめいたがよく見れば

通行止め。崩壊の危険があるようだ。

 

DSC08281.jpg

なのでこのブロックを渡っていく。

ここで標高100mほどなので

今日は久々にがっつりと674mの登りだ。

 

DSC08284.jpg

ブロックを渡るとすぐに

急登に階段がつけられている。

 

DSC08285.jpg

階段を上りきると

金山滝を見ることができる。

金山滝神社があって

三吉さんと、火結(ほむすび)大神、

祓戸(はらえど)大神が祀られているようだ。

 

DSC08288.jpg

滝のあるような地形なので

もれなくこのように難所である。

雪のシーズンには凍りついているようなので

慎重に。

 

DSC08290.jpg

登り切れば小さな祠が滝の上に。

岩屋にすっぽりと。

 

DSC08292.jpg

道は平坦になって少し行けば

八宗山神社だ。

 

DSC08296.jpg

その先、やや下って渡渉。

丸太は滑りそうでその下の岩を通過した。

 

DSC08297.jpg

登山道らしくなるも

急登で「スベル」の注意書きの

あまりにストレートな注意喚起と

書体が地味にツボる。

 

DSC08299.jpg

さて前岳までのこのルート、

緩急あっていい感じにメリハリのあるコース。

急登が3回ほどでてくる。

ここが第一急登と呼んでおこうか。

100mちょっとの急勾配を登る。

 

DSC08303.jpg

急勾配のあとは、遊歩道のような

なだらかな山道がしばらく続く。

 

DSC08306.jpg

林床にはエゾユズリハが多い。

実をつけていた。

 

DSC08308.jpg

一度、伐採が入ったからか

見事な赤松が随所に見られる。

 

DSC08309.jpg

赤松のほかにも

信仰の山なんだなと思わせる石仏も

随所で登山者たちを迎えてくれる。

 

DSC08313.jpg

291の三角点。

登山道の脇の小ピークにある。

踏み跡があるので見落とさないだろう。

 

DSC08314.jpg

標高があがるにつれ

この立派な赤松の林にもちらほらと

松枯れに蝕まれた木が出てくる。

 

DSC08319.jpg

松がれで朽ちた松の根元を

クマがほじった跡。

いつか倒されそ・・・。

 

DSC08322.jpg

ずらりと石仏の小径。

信仰の山ならでは。

 

DSC08325.jpg

さてここから第二急登のはじまり。

きりっとした急勾配はむしろ

ぐんぐん標高があがるので登りがいがある。

昨日、微妙な積雪の金峰山を難儀して登った分、

今日の急登は素直な登りやすい道に思える。

 

DSC08332-2.jpg

そして再び平坦な道。

昨日の雪なのか、霰なのか

ざくざくとして凍っているので

とっても歩きやすい。

 

DSC08339-2.jpg

そして第三急登。

先発登山者に追いついた。

 

DSC08341.jpg

金比羅さんも祀られているのか?

日本ならではのこの

神様の多さよ。

 

DSC08344.jpg

分岐到着。

ここでオーパスルートと合流する。

オーパスルートはスキー場からなので

営業時間を狙えば標高334mから

スタートできる。

もちろんスキー場脇にもルートがある。

その日の気分で選べる。

 

DSC08347.jpg

主稜線付近は標高もあって

樹木はブナが目立つ。

二次林の細い若いブナが多い。

 

DSC08348.jpg

北側には馬場目岳。

あちらはそれなりに雪がありそう。

 

DSC08349.jpg

さて、最後の登り。

勾配はこれまでよりはゆるいが

結構足にくる。

フィギュアスケートで言うところの

フリー演技後半最後のジャンプで

クワドジャンプ跳ぶような疲労感だ。

きっとこんな状態なんだろう。

 

全日本選手権真っ只中なので

羽生選手を見守る全国のオカンの

一人としてはどうしても

そういう発想になってしまう。

羽生選手、怪我さえしなければ

おかん目線では今年はそれこそが大収穫だわ。

 

DSC08350.jpg

女人堂跡。

数年振りだが、朽ちかけた鳥居は

昔のままだ。

 

DSC08351.jpg

靄があるが海まで見える。

ぼんやりと男鹿半島や八郎潟も

今日は見ることができた。

 

DSC08355.jpg

さて、山頂へ。

以前12月1日頃にきたときは、ラッセルするほどの

積雪だったが今日はまるで

太平洋側の山域にいるかのような

雪のなさ。

 

DSC08359.jpg

山頂は山腹を巻く道もある。

プチぐるっとコースにするか。

 

DSC08360.jpg

山頂。

あんなに入山者がいたが誰もいない。

中岳を目指した人も多いのだろう。

 

DSC08364.jpg

梢越しに太平山地の主稜線を目でたどる。

奥岳はキリッと鋭い白い三角形。

 

DSC08367.jpg

さて、下山。

 

DSC08374.jpg

分岐まで来たら、ここからオーパススキー場へ。

登山道に雪がついていて

行く手が白く浮き立つ。

 

DSC08381.jpg

登山道脇の杉。

名前があるかと期待したら

何もなく。

夫婦杉とか書かれていそうなところだが。

 

DSC08384.jpg

登山道を挟んで両脇の植生が異なっていて

興味深い。

北側は急峻な地形で、ネズコかアスナロ。

 

asunaro.jpg

クロベかと思ったが

裏を見ればアスナロだよね?

 

DSC08387.jpg

いつのまにかブナの木が少なくなり

杉も出てくるとまた「スベル」の注意喚起。

 

DSC08388.jpg

オーパスコースの登山口到着。

ちなみにここまで車が入ってこれる。

 

DSC08391.jpg

本日はテクテクとゲレンデ終了点まで歩く。

それにしても12月下旬だし

冬至なのだが、まるで春か初冬のような

秋田の冬の山歩きだ。

 


ばりこの秋田の山無茶修行
  

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

本ブログ書籍化!

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2020年5月31日神室山へ西ノ又コース登ってパノラマコース下り
    はしT
  • 2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから
    k-tom
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    ばりこ
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    LOVERAV
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    ちぇる
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    はしT
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    まぁ〜くん
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    ばりこ
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    k-tom
  • 2019年3月17日 クマゲラを探しに乳頭山界隈へ
    ばりこ

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM