2020年5月31日神室山へ西ノ又コース登ってパノラマコース下り

DSC00086-2.jpg

神室山へ久々に。

一泊したかったのだが、下界の用事が立て込んでおり

日帰りで役内口から登りを西ノ又コース、

下りをパノラマコースでぐるっと。

登山口は工事があるのかいつもの

駐車スペースが狭くなっている。

天気がいい割には入山者は少ない様子。

 

ーーーコースタイム(ゆっくりめ)ーーーーーーー

 8:00 出発

 9:50 不動明王

11:25 御田の神

11:54 パノラマコース分岐

12:08 山頂〜ランチ

12:40下山開始

13:38前神室

15:40 下山完了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーコース注意点ーーーーーーーーーーーーー

西ノ又コースは沢沿いの登山道が

ところどころ崩壊していて、分かりにくい。

雨などで増水の危険があるときは

こちらのルートは使わないほうが安全。

また急な山腹の巻道が多く、

落ち葉がたくさんあるので滑りやすい。

沢の渡渉もあるので十分に注意を。

初心者は経験者と同行が安心。

 

まだところどころに雪があり、

斜度があるとキックステップなしには

登れないので、

ソールの硬い靴がおすすめ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

DSC09914.jpg

今日は暑くなるぞと、気合をいれて出発。

西の又コースを登りに。10分ほど林道を歩く。

 

DSC09916.jpg

林道が終了しようやく山道になる。

登山靴は、やっぱり斜度のある不安定な

地面のほうが格段に歩きやすい。

 

DSC09921.jpg

出発から10分ほどで第一渡渉点。

吊り橋が架けられてある。

 

DSC09923.jpg

沢沿いの登山道は

二年ほど前に比べるとまた崩壊点が

増えていた。

山腹に巻道もあったが、面倒なので

ゴーロを歩く。

 

DSC09925.jpg

雪解け水で水量が多く、

岩をへつるようにして進む。岩に

ボルトが打たれていたので助かった。

 

DSC09926.jpg

おなじみ、倒木ポイント。

 

DSC09930.jpg

第二渡渉点。

結構ゆれる、楽しいアトラクション。

 

DSC09932.jpg

第二渡渉点の吊り橋を渡れば

お気に入りのブナ林に。
エゾハルゼミも鳴き始めていて
雰囲気がいい。

 

DSC09933.jpg

林床にはユキザサが見頃だった。

つまり食べごろは過ぎてしまった。

 

DSC09937.jpg

さて、このコース、

沢沿いの道(ほとんどゴーロ歩き)が終われば

お次は巻道がこれでもかこれでもかと続く。

それがまた、際どい巻道で

よくぞまあ維持されているものだと

感心するほど、際どい。

 

DSC09940.jpg

ここも、一応、道。

今の季節だからか、昨年の落ち葉がまだ

たくさん道にあって滑りやすい。

 

DSC09942.jpg

おなじみ

「老いて猶かむろの

道に汗流る」by.由喜さん

 

DSC09944-2.jpg

三十三尋の滝手前、

沢を横断するのだが、

ここがちょっとわかりにくく、

つい上流へ向かいがち。

ここは対岸に道があるので要注意。

 

DSC09948.jpg

三十三尋の滝が見えてくると

急斜面を下る。

 

DSC09949.jpg

見事な滝。昔はここで

水垢離して登ったのだろう。

 

DSC09951-2.jpg

対岸へ渡る。

水量が多くてここはストックを使って。

ハイカットの登山靴にスパッツで

一瞬なら浸水せずに渡れる。

 

DSC09953.jpg

急登をちょっと登れば

不動明王の祠に。

手を合わせてお参りを。

 

DSC09954.jpg

御不動さんの少し上に水場がある。

塩ビパイプが引かれてある。

水量が少ないときは、ときどき

詰まりがあるので、棒でつつくと

復活する。かも。本日はそれで水量復活した。

 

山頂直下の小屋前の水場は

沢を150mも下るので実質ここが

最後の水場と考えたほうがいいかも。

 

DSC09961.jpg

さてここから胸突き八丁。

ひたすら登る、登る、登る。

だらだらした斜度よりも

かえって清々しい。

 

DSC09975.jpg

コヨウラクツツジ。

 

DSC09978.jpg

ウリハダカエデの花も見頃。

かわいいでしょ。

 

DSC09980.jpg

斜度はきついが、

がんがん標高が上がって良い。

 

DSC09982.jpg

前神室が見えてきた。

下山はあちらを通るのだ。

・・・遠いよ。

 

DSC09996.jpg

1200m付近で雪がでてきた。

アイゼンをつけるほどでもないが、

この季節は、キックステップができる靴が

おすすめだ。

 

DSC09987.jpg

この一帯は原始的なブナ林が

楽しめる。

 

 

DSC00002.jpg

ようやく斜度が緩んで

まもなく御田の神だ。

 

DSC00004.jpg

御田の神から前神室。

つくづくこの山域は、主峰よりも

脇役の山のほうがかっこいい。

 

DSC00009.jpg

御田の神。

 

ヒナザクラが見頃だった。

このあたりは、もう少しすればトキソウ

見られる。

 

DSC00012.jpg

御田の神付近は残雪。

 

窓くぐりへのルートは

特にテープなどもつけられていないので

ルート注意。

あの残雪の真ん中が窓くぐり。

 

窓くぐり直下は結構な斜度で

キックステップで。

夏用のハイキングシューズだと厳しいかも。

 

DSC00018.jpg

窓くぐりはまだトンネルには

なっていなかった。

 

DSC00019-2.jpg

だが、窓くぐりから一歩踏み出せば

神室の主峰が目の前だ。

 

DSC00029.jpg

ちょうどカタクリが見頃でもう!

ピンクの絨毯に乙女心テンションマックス。

 

DSC00031.jpg

シラネアオイも咲きたて!

 

DSC00046.jpg

久々の神室山。

誰もいないのでのんびりと。

 

DSC00040.jpg

目の前のかっこいいのが

小又山、実は神室連峰の最高峰で

主峰よりも2メートルばかし高い。

そのうえ、ピークが明確でかっこいいとくる。

 

DSC00048.jpg

さて、下山。

怪しげな雲も出てきたので

若干、焦る。

 

DSC00059.jpg

前神室山。

こちらもね、主峰よりもかっこいいんだわ。

1342メートル。

貫禄ありすぎなその姿よ。

けどこれから登るんかい・・・。って

気分にさせる。

 

DSC00067.jpg

前神室に到着したころ、

北西方面に雨雲が。見れば局所的に

結構降っている様子で、雷まで聞こえてくる。

こっちくるなーと思いながら下山。

 

DSC00068.jpg

今年も見られました。

カタクリの白花。

 

DSC00070.jpg

割とこちらのコース、

藪が出ている。そろそろ刈り払い入るかな。

さきほどの雨雲はどうやらこっちには

来なかった様子。

 

DSC00079.jpg

エゾハルゼミとときおりツツドリ。

今日はがっつりコースと暑さで

かなりバテバテ。

塩とツムラ68はこれからのシーズンは

マストアイテムだ。

 

DSC00082.jpg

ここまでくれば

あとはひたすら下るだけ。

パノラマコースはこの先が

急斜面になるので、今日はロープ持ってきた。

おかげでがんがん下りてこれて

楽できました。

 

人が少ないときはオススメです。

ただし皮手袋ないとロープで火傷します。

皮手なければエイト環もしくは

カラビナにムンターで。

 

 


ばりこの秋田の山無茶修行
  

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
コメント
山頂まで4時間かかる山は秋田県内でも少ないですよね。実際登ってみるとそれだけの価値があり、ばりこさんがほれ込む理由もわかった気がしました。
  • はしT
  • 2020/06/13 7:57 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

本ブログ書籍化!

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2020年5月31日神室山へ西ノ又コース登ってパノラマコース下り
    はしT
  • 2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから
    k-tom
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    ばりこ
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    LOVERAV
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    ちぇる
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    はしT
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    まぁ〜くん
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    ばりこ
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    k-tom
  • 2019年3月17日 クマゲラを探しに乳頭山界隈へ
    ばりこ

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM