2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから

gassan-log.jpg

山形県のほぼ中央に月山はある。

いつも鳥海山から眺めているわりに

数十年前に一度登ったきりの遠い山。

標高1984メートル。

出羽三山の主峰であり、山岳信仰の聖地であり

花の名山で知られそれらが示すのは、

夏の週末ともなれば

たぶん朝早く行かないと

駐車できない山なのだろう。

 

ーーーーーコースタイムーーーーーー

  8:20 レストハウス前出発

  8:30 御田原参籠所

  9:50 仏生池小屋

11:10 月山三角点

11:19 月山神社

11:23 山頂小屋

 (ランチ〜コーヒータイム)

13:40 下山完了

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

DSC07013.jpg

ということで、朝5時半過ぎに横手を出発。

8時前に八合目に到着したが

レストハウス前はすでに満車。

それでもなんとかスペースがあったので

身支度し、8時20分ごろ出発。

 

DSC06775.jpg

登山口にはマットがある。

他の山域から植物の種子などを

持ち込まないためのもの。

ここで靴底の汚れを落としてから出発。

 

DSC06779.jpg

イワショウブが草原に見頃だ。

今日も下界の気温は35℃だ。

さすがに標高1400mから始まる登山は

夏とはいえ幾分涼しい。

 

今日、月山まで足を伸ばした理由がそれ。

山には登りたいが樹林帯をムシムシしながら

登るのは遠慮したい。

できればリゾート的に納涼登山がしたい。

 

スタートの標高が1000m超えとなれば

鳥海山があるが、去年8月は毎週登ったし

途中それなりにきつい。

ならば月山ならどうだと地形図を広げると

牧歌的とも言えるほどになだらかな

等高線をたどって山頂へ

しかも八合目から登れるではないか。

 

DSC06780.jpg

広大な草原を木道を伝って歩く。

駐車場付近は池塘が散りばめられた草原で

弥陀ヶ原だ。

くるりと周回できる散策コースになっている。

 

DSC06781.jpg

池塘はそこかしこで

夏の終わりの空を映す。

 

DSC06786.jpg

なんと。

かき氷やってました。

10分ほどで到着する参籠所。

 

DSC06788.jpg

かなり大きい像なので

てっきり牛かと思って近づいたら

長い耳があった。

 

DSC06790.jpg

月山本宮へ鳥居をくぐって。

この一帯が信仰の山だ。

白装束の入山者が多いのには驚いた。

 

DSC06791.jpg

行く手の山塊の右奥に覗くのが

月山の山頂方面。

 

DSC06793.jpg

タチギボウシもそろそろ終わりかけだ。

 

DSC06799.jpg

登山道は緩やかに石段を登り

振り返ると、草原に池塘がかわいらしい。

 

DSC06800.jpg

エゾシオガマ。

 

DSC06804.jpg

日本固有種、シロバナトウチソウ。

 

DSC06811.jpg

長い信仰の歴史があるからか

登山道は石畳が敷かれている。

歩きやすいかといえば

そうでもない。

 

DSC06815.jpg

よく目立つ三角。

 

DSC06821.jpg

岩がごろごろして

ちょうど良い休憩場所。

ニッコウキスゲがいくつかあった。

 

DSC06827.jpg

ウゴアザミともう一種類

アザミがあるが名前がわからず。

 

DSC06836.jpg

ハクサンイチゲが多い。

 

DSC06830.jpg

岩陰にはダイモンジソウ。

 

DSC06841.jpg

登山道は石畳を。

なだらかだが、結構歩きにくい。

 

DSC06850.jpg

仏生池小屋に到着。

なんと、ソフトクリームをやっていた。

そしてバイオトイレもある。が

使用料100円が必要なので財布を忘れずに。

 

DSC06856.jpg

ソフトクリームもおでんもあるし

左下、なんとAEDもある。

 

DSC06857.jpg

小屋の前にあるのが

仏生池なのだろう。

 

DSC06859.jpg

ハクサンフウロとミヤマアキノキリンソウ。

 

DSC06865.jpg

鳥がいたが、どなただろう。

羽の先がドット柄。

 

DSC06869.jpg

小屋を過ぎると、オモワシ山の山腹を

巻くようにして道はやや急になる。

 

DSC06870.jpg

東側、庄内方面は草原が広がり

点々と池塘がきらめく。

 

DSC06878.jpg

オモワシ山のピークを巻いて

稜線をたどってなだらかに歩く。

P1909のピークが見える。

 

DSC06882.jpg

振り返ればオモワシ山。

P1828だ。

 

DSC06890.jpg

業者返し行者返しに差し掛かると

このコース一番の急登となるが、

ほんの数十メートルだ。

なだらかな登山道が続くので

こうしたスパイスがないと

なんだか締まらない。

 

DSC06891.jpg

東側の眺めがいかにも月山。

 

DSC06894.jpg

行者返しを登り切れば

石畳の登山道となり
ちょっとした広場に出る。
一息入れる手頃なポイント。

 

DSC06896.jpg

入山者は多く、白装束のグループが

しょっちゅうすれ違うのは月山ならではか。

 

頭上を数羽の猛禽類が飛び交う。

広げた羽の先に白のラインが見えるほど

近くを旋回して、獲物がいないのか

また高く上がっていった。

 

DSC06898.jpg

真夏に涼しく楽な山歩きがしたいという

その目論見通りのコースである。

 

DSC06902.jpg

登山道わきは

ミヤマリンドウ。

そういえばエゾリンドウだのが見当たらない。

 

DSC06907.jpg

チングルマ。

 

DSC06909.jpg

アザミとハクサンフウロ。

 

DSC06910.jpg

ウツボグサ。

 

DSC06924.jpg

もう終了しているが

ミヤマウスユキソウか

ミネウスユキソウなのだろう。

 

DSC06921.jpg

P1909のピークまで来ると、

西側斜面の展望が良い。

東のなだらかな草原とは一転し

西側は急な斜面となって谷が刻まれる。

侵食跡が山肌を削り草木が剥げている様子が

見られる。その奥には

鶴岡市が霞みながらも展望できた。

 

DSC06931.jpg

月山山頂が見えてきた。

広い稜線に木道をたどる。

 

DSC06934.jpg

ハクサンシャジンは終わりかけ。

 

DSC06938.jpg

 

DSC06939.jpg

雪溶けが遅い山頂付近では

まだチングルマが咲いたばかり。

 

DSC06946.jpg

そしてイワカガミも数株。

 

DSC06956.jpg

途中、特に案内はないのだが

月山山頂への道が分岐する。

さすが修験の山。神社のない、

三角点ピークにはそっけない。

 

DSC06949.jpg

地味ながらもここがピーク。

三角点がある。

 

DSC06950.jpg

山頂からの眺め。

 

DSC06952.jpg

山頂からの眺めその2。

鳥海山も見えるようだが

きょうは雲の中だ。

 

DSC06947.jpg

ハクサンイチゲがとても多い。

 

DSC06957.jpg

マルバシモツケ。

 

DSC06958.jpg

コバイケイソウ。

もう終わりかけているが

今年、ここまでまとまって咲いているのを

見たのははじめてだ。

 

DSC06960.jpg

山頂よりも神社のほうが賑わっている。

4本のコースの合流点でもあるし

信仰の拠点でもあるから

当然といえば当然だろう。

 

DSC06962.jpg

月山神社。

参詣には500円が必要だ。

 

DSC06963.jpg

月山神社は資金不足につき

参詣できなかったので

話のタネに小屋を見てくる。

 

DSC06965.jpg

山頂小屋。コマクサのイラストが

添えられる看板だが

コマクサ、咲くのだろうか。

 

DSC06967.jpg

小屋の玄関。

休憩200円。

トイレは100円。

 

DSC06970.jpg

山頂付近はハクサンフウロが見頃だ。

ヤマハハコも地味に混ざる。

 

DSC06971.jpg

資金不足なので山頂を後にする。

 

DSC06975.jpg

途中でランチを取って

のんびり下山。

ずっと石や岩の上を歩き通しで

足の裏が痛くなってきた。

 

DSC06993.jpg

14時前には下山できそう。

緩やかなコースということもあってか

入山者のなかにはザックを背負って

いない人や、街にいるような格好の人も

少なからず混ざる。

道は整備されているし

途中、営業小屋も二つもあるから

お金さえあれば本当に楽なコースだ。

 

DSC06999.jpg

池塘を眺めながらコーヒー。

涼しいとはいえ、1リットルのスポドリは

全て飲んでしまった。

 

DSC07001.jpg

13時43分、下山終了。

さて、35℃の下界へ戻って

ビールでも飲もうか。

 


ばりこの秋田の山無茶修行
  

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

PR

本ブログ書籍化!

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから
    k-tom
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    ばりこ
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    LOVERAV
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    ちぇる
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    はしT
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    まぁ〜くん
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    ばりこ
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    k-tom
  • 2019年3月17日 クマゲラを探しに乳頭山界隈へ
    ばりこ
  • 2019年3月15日 登山ガイドステージ供合格〜〜!!
    ばりこ

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM