2017年10月1日 青麻山とあけら山ぐるっと

IMG_2067.jpg

仙台市民となり初めて登ったのが

太白山で、その山頂から見えた山に

次回、登ろうと考えていた。

二つのピークが印象的なこちら、

調べたら青麻山(あおそやま)と、

あけら山という二座らしい。

日曜日に登って来た。

ぐるっと周回ルートで4時間ほどだ。

 

IMG_2369.jpg

アプローチは

現住所の太白区から車で下道で

1時間30分少し。

先週は階段を踏み外してしまい、

日曜日は足を冷やして過ごした。

そして羽生選手の初戦応援もあった。

思い返せばいろいろ悔しい週末だった。

今週は、金曜は飲み会、土曜は仙台観光、

日曜は山へと健康そのものだ。

 

IMG_2370.jpg

というわけで、青麻山。

途中からよく見えた。

標高799.5メートル。蔵王連峰の東にある。

200万年前に噴出した火山で、

今は活動は停止しているとのこと。

 

IMG_2371.jpg

登山口はふたつあり、本当は

下別当(げべっとう)登山口を目指してきたのが

下山口として予定していた無線中継所に

来てしまった。

というのも、アプローチの標識が

すっきりしないのだ。

素直に「青麻山登山口」とか書けばいいのに

「青麻山遊歩道」とかいてある。

てっきり、遊歩道があるかと避けてきたら

登山道のことであった。

この地域の人の、登山道と遊歩道の

住み分けを問いたいところだ。

 

IMG_2373.jpg

まあいい。

どっちにしろ、周回ルートにするつもりだったので

予定とは逆にコースを辿ることにした。

9時出発。登山道は、いや遊歩道というべきか。

粘土質の土で滑りやすい。

 

IMG_2377.jpg

アザミの類と思うが、種類が

多くてまだ調べていない。

 

IMG_2379.jpg

こちらセンブリ。

胃薬だ。とにかく苦い。

試してみるといい。苦い。

 

IMG_2380.jpg

途中から青麻山が見える。

遠そうに見えるが

標高差は400メートルくらいだ。

1時間から1時間半の登山。

 

IMG_2387.jpg

出だしこそ、植林の杉であったが

登山道はコナラなどの林の中にあり

また、整備も行き届き

特に不安のない明るい道だ。

 

IMG_2391.jpg

緩急のバランスもよく、

ほどよい休憩ポイントもある。

 

IMG_2401.jpg

途中から大岩が二つ、三つほど

出てくる。

 

IMG_2406.jpg

見下ろせば、出発した無線中継点が

もうあんな遠くだ。

 

IMG_2408.jpg

大岩二つ。

ここまでくれば山頂はあと

10分か15分だ。

 

IMG_2410.jpg

足元にはどんぐりがたくさん。

食べてうまければ、いうことなしだが。

 

IMG_2417.jpg

10時前には山頂だ。

1時間ほどの登山である。

標高799.5メートル。あと50センチで

800だったのに惜しい。

祠と、手前に三角点がある。

 

IMG_2415.jpg

山頂からは東側に展望がある。

次に登る山を物色したかったが

あいにく、海である。

 

IMG_2421.jpg

さて、お次は隣のあけら山へ。

地形図には山名が記されていないが、

ちょうど青麻山と並んでいるピークで

あけら山のほうが10メートルばかり

高い。

 

IMG_2423.jpg

青麻山を70メートルばかり下る。

コルの付近は笹がこんな状態だ。

青麻山までの広い登山道とは

状態がかなり変わる。

しかし、不明瞭なところはない。

クマが出そうかなと思ったが

実際はクモの巣が多かった。

ストックなどで

絶えず前方を払いながら進む。

 

IMG_2431.jpg

東北南部の山にも

ちらほらと秋の色が混じる。

 

IMG_2435.jpg

10時25分、あけら山。

標高810メートル。

あいにく展望はまったくない。

 

IMG_2442.jpg

途中、シャクトリムシが

卵を抱えている??

 

IMG_2444.jpg

あ、ブナだ。

おお!ブナー!!!

なんだか、東京で秋田ナンバーの

車を見つけたのにも似た郷愁を覚える。

宮城の低山ではブナはほとんど見かけない。

ブナというのは山の主かと

思って育つ秋田県民。

 

IMG_2447.jpg

ふたたび、青麻山。

 

IMG_2453.jpg

昼にはまだ腹も空かないので

おやつに。

 

IMG_2456.jpg

のんびり過ごして下山。

下山では、下別当登山口へ下りる。

 

IMG_2459.jpg

急だ。そして粘土質で

滑りやすい。

 

IMG_2469.jpg

12時、登山口。

 

登山口の標識。

いや、だからこれ紛らわしいって。

おしゃれのつもりかもしれないが

矢印のつもりだったのかよこの

板の形。分かりにっく!

遊歩道のつもりで、足腰の弱い人が入山したら

どうするのか。

道は、遊んで歩くにはかなり急だ。

 

IMG_2470.jpg

さて、ここからスタート地点へ

車道を使えば1時間。しかし頭上には

東北電力の送電線がある。

そしてその下には巡視路がある。

この巡視路を使えば、車道の半分の時間で

済むのだ。多少藪でもこっちがいい。

 

IMG_2471.jpg

明るい車道を見たあとは

その巡視路の入り口はあまりにも

禍々しく見える。だが行く。

 

IMG_2472.jpg

いったん下ってから枝尾根をのっこす。

なのでうっそうとした植林地の中を

結構、登らされる。

 

IMG_2474.jpg

送電線の鉄柱だ。

この道で間違いはなさそうだ。

 

IMG_2476.jpg

道はこんな感じ。

登山道よりも立派なくらいだ。

 

IMG_2477.jpg

途中、最短で車道に上がる道を

見過ごしてしまい、10分ほど余計に歩いた。

12時30分、車道に出る。実際は、

もうひとつ前の鉄柱から、車道のカーブ手前に

出ることができる。

わたしは余計に歩いてしまったので

ここから登山口までさらに20分歩く。

 

IMG_2482.jpg

ところで、宮城でもリスの火消し発見。

岩手専属の火消しかと思っていたら。

 

IMG_2484.jpg

下山後は、ずっと食べたかった、

ミニストップのモンブランソフト。

甘過ぎたし、量が少ない。

美味しかったが、下山後の体には

なんか違う。

 

 

 

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

山歩きの雑記帳 冬号発売中!

30号の夏号は和賀岳テント泊!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年10月15日 雄勝の烏帽子山(速報)
    はしT
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    ばりこ
  • 2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【前編】
    HITOIKI
  • 2017年8月14日 訳あって仙台市民になります報告
    civil_e
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    ばりこ
  • 2017年7月15日 秋田側からの水晶森登山ルート偵察というか有屋峠の今
    ばりこ
  • 2017年9月9日 ジャズフェス
    ばりこ
  • 2017年7月9日 神室山途中まで
    ばりこ
  • 2017年9月9日 ジャズフェス
    さとう
  • 2017年9月3日 太白山偵察
    はしT

recommend

recommend

recommend

recommend

外道クライマー
外道クライマー (JUGEMレビュー »)
宮城 公博
いつぞやの華厳の滝騒動の当事者の本ですが、面白かった!一気読み。

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM