2019年12月29日 晴天の乳頭山界隈をスノーシューラッセル

log.gif

孫六温泉から田代平の稜線まで、

晴天に誘われてラッセルしてきた。

昨年は孫六温泉は冬季休業していたが

この日は営業していて、孫六温泉までの車道も

除雪がされていた。

ーーーーコースタイムーーーーー

 8:28:大釜温泉バス停出発

 9:46:登山口到着 スノーシュー装着

10:20:小ピーク940到着

11:50:展望地1170m付近

12:27:稜線の雪原

12:54:下山開始

14:05:登山口 スノーシュー外す

14:24:バス停

 

DSC08468.jpg

孫六温泉にある登山口までは、

除雪がされていて、ところどころ

地面が露出している。

本日の入山者はどうやら先行2人。

 

DSC08488.jpg

スキーと悩んだが、雪が少ないだろうと

スノーシューをチョイス。

 

DSC08470.jpg

こんな天気なのでさぞや

入山者が多いだろうと覚悟していたが

どうやら二人分だけのトレース。

ありがたく使わせてもらお。

 

DSC08473.jpg

取り付きの急登を、

スノーシューを蹴り込みながら上がる。

稜線に乗ってしまえばもう

斜度は緩やかだ。

それにしても雪が少ない。薮を避けながら登る。

 

DSC08477.jpg

おんぶ。

ときどき、こんな腰曲がりの木を

見かけるのだが、どんな事情で

こうなるのだろう。

 

DSC08480.jpg

笹薮が目立つから積雪はだいぶ少ない。

タイミングが合えば

この付近ではキツツキのドラミングが

聞こえるのだが、本日はとても静かだ。

 

DSC08484.jpg

小ピーク940手前の

おなじみのワラワラっと生えている木。

 

DSC08486.jpg

小ピークで一息ついて

一旦下る。

 

DSC08493.jpg

コルを過ぎて登り返しになったところで

熊鈴の音がしてきて先行者に追いついた。

こんな真冬に熊鈴かと若干がっかり。

 

追い越したところで、先頭ラッセルでは

引き離すこともままならず、

ずっとこの熊鈴に追われて登るのか。

追いついて、念のため熊鈴の女性に

それは熊よけ目的なのかと

やや不躾ながらも質問する。

 

こんな真冬にまさかなと少しは思ったが

女性はそうだ熊よけだというので、

すまないがと、

ザックに3つも下げているその大きな熊鈴を

しまってもらえるよう伝える。

 

あなたがしまっている間に

私がラッセルしておきますと、

その先の小さなピークまでラッセルする。

いつもそこで休憩するので

わたしは一息入れ、追い越した二人は

ふたたびラッセル修行しながら登っていった。

熊鈴の音もなくなりほっとする。

 

さすがにこの界隈ならば熊は

もう寝てるだろう。

仮に起きていたとしても見晴らしもいいし

すぐに気づいてどこかへ逃げるだろうし。

まあ、安全に「絶対」は禁物ではあるが。

 

DSC08496.jpg

さて、ここからはブナの二次林が美しい。

ラッセルトレースはあるのだが

この程度の雪ならば

まっさらな雪原を踏んで歩く醍醐味を

味わいたいものだ。

 

先行ラッセルはピンクテープを拾ってか

だいぶ遠回りしていることもあり、

それには頼らずコンパスをセットし、

まっすぐルートを一人ラッセルして森を行く。

 

DSC08509.jpg

もはやユキヤナギに。

モフがすっかり雪まみれ。

 

DSC08521.jpg

薄ごろもの天ぷらか

砂糖をまぶしたクッキーか。

 

DSC08512.jpg

ダブルおんぶ。

 

DSC08514.jpg

それにしてもこの森は

いつきても気持ちがいい。

多少ラッセルしたってまっさらな雪を

進む楽しさよ。

 

DSC08518.jpg

樹木の梢は霧氷で白い。

 

DSC08524.jpg

はるか高い枝にピンクテープ。

あそこまで積雪があるのか、風で

飛んで引っかかったのか。

 

DSC08532.jpg

モロビが出てくると

そろそろ1700m越えだ。

 

DSC08543.jpg

モロビの奥へ分け入っていけば

展望ポイント。

乳頭山、秋田駒のラインが一望できる。

 

DSC08545.jpg

秋田駒。さらに田沢湖もきれいに見えた。

熊鈴をしまってもらった二人が

追いついてきてここの展望に歓声をあげる。

ここで満足したらしく

あるいはラッセルに参ったらしく

ここでもう下山するとのこと。

 

DSC08552.jpg

田代平の稜線まであと標高差100mほど。

樹木もだいぶ低くなり

霧氷の梢が頭上に近くなった。

 

DSC08548.jpg

 

DSC08553.jpg

12時過ぎてお腹もすいてきたころ

視界がひらけてきた。

 

DSC08556.jpg

目の前は青空だけとなる。

だいぶ雪が少ないかな。例年だとあと

1メートルはあったような。。。

 

DSC08557.jpg

うさぎ1匹歩いていない。

こんな晴天に独り占めの贅沢。

 

DSC08560.jpg

振り返ると田沢湖と秋田駒の男女岳。

今日はあちらにも登山者がいるだろうか?

数年前の12月29日もこんな晴天で

リフト尾根から男岳に登ったことがある。

あの日も誰もいなかったっけ。

 

DSC08578.jpg

乳頭山。

今日はあちらは風も強そうなのと

そもそも時間がないので行かない。

 

DSC08576.jpg

秋田駒。

 

DSC08580.jpg

雪山のなんちゃってサンゴ礁。

 

DSC08565.jpg

天気もいいし外でランチ。

13時に下山開始。

 

DSC08587.jpg

小ピーク940の登り返し。

ここまでくれば、あと少しで下山完了だ。

温泉の香りが時折漂う。

 

DSC08591.jpg

1時間ちょっとで下山完了。

雪山のスノーシュー下山は早い。

 


ばりこの秋田の山無茶修行
  

↓登山の総合ページにエントリーしました。
今日も一押しお願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

「週末山登り」正面玄関はコチラ

エントリーしてみました。ぜひ一票、クリックしてください。

本ブログ書籍化!

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2020年5月31日神室山へ西ノ又コース登ってパノラマコース下り
    はしT
  • 2019年8月18日 月山へ八合目レストハウスから
    k-tom
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    ばりこ
  • 山ガールの車選び:その1/ポストRAV4をどうするか。
    LOVERAV
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    ちぇる
  • 2019年6月2日 焼石岳へ東成瀬口から
    はしT
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    まぁ〜くん
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    ばりこ
  • 2019年4月2日 登山ガイドステージ脅萋世砲かる費用
    k-tom
  • 2019年3月17日 クマゲラを探しに乳頭山界隈へ
    ばりこ

recommend

recommend

モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA
モンベル(mont‐bell) 野点セット セレンブルー/バーク SBBA (JUGEMレビュー »)

里山歩きに持っていくと、山の思い出のよいアクセントに。ビタミンCとポリフェノールで日焼け予防に!

recommend

recommend

recommend

森吉山の花図鑑
森吉山の花図鑑 (JUGEMレビュー »)
田中 誠
山に連れていったら手ぶらでは
帰さないんだ!と、著者の
田中さん。国体でもキノコや
山ぶどう、山の楽しさをお土産に
持たせてくれました。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM